PC・モバイル・WP・iPhoneなどのこと

【※追記あり】まったくわからないところからの、「Authorization ヘッダーは、承認したサードパーティアプリケーションから送られてきます。これが無い場合、これらのアプリはサイトに接続できません。」の解消

投稿日:2021年10月5日 更新日:

Wigs2you メンズ ウィッグ パンチパーマ風 H-2224

 

 

Authorization ヘッダーは、承認したサードパーティアプリケーションから送られてきます。これが無い場合、これらのアプリはサイトに接続できません。

って言われるんです。

ダッシュボードの「サイトヘルスステータス」を見ると、

サイトの状態は良好に見えますが、パフォーマンスとセキュリティ向上のためにできることがまだ1つあります。

って言われちゃってまして。

 

サイトヘルスも、「ホームページ健康情報」って言ってくれたらわかりやすいのに。
「ウェブサイト体調管理画面」とか。
そうもいかんのか。

その、サイトヘルス画面をクリックしますと…

 

Authorization ヘッダーがありません。

と。
そして詳細には

Authorization ヘッダーは、承認したサードパーティアプリケーションから送られてきます。これが無い場合、これらのアプリはサイトに接続できません。

と書いてある。
さらに

パーマリンクをフラッシュする

というリンクがある。

まったくわけがわからんぞ。

オッケーオッケー、

承認したサードパーティアプリケーションから送られてくるはずのAuthorization ヘッダーがないわけね?よし!じゃあパーマリンクをフラッシュするぜ!!!

と、トントーンとはいかんのです。
わけがわからんから。

まずAuthorization ヘッダーというのが聞きなれない。
オーソライゼーション・ヘッダー。

どうやら日本語では「認証ヘッダ」と言うらしい(ヘッダは?)
通信上のお約束、プロトコルの一種らしい。

聞けば聞くほどよくわからなくなっていくので、とりあえずの理解としては「通信上の何かがない。なのである種の方向から、あなたのサイトは見えなくなってるよ」ということなんでしょう(強引にわかったフリをする)。

いくつかブログも参考にさせていただいたんですが…。

ある方の結論としては「ロリポップサーバーでは出てたけど、エックスサーバでは出てないのだ!」っていう感じでした。

いやぁ、このブログはエックスサーバなんですよ…どういうことだ…。

サーバーの種類は関係ないってことですね。

対処法として、「PHPを変える」を変える、というのがあるそうなので、やってみます。

現在、このブログのPHPはPHP7.4.13。

ほら。

推奨、って書いてあるのに切り替えるのはどうなの…とは思いましたが、ものは試しだ。

PHP8.0.7に、変えてみます。

何も、変わりませんでした。

ぐぬぬぬ…ここは関係ないのか…。

さらに検索して、これへの言及を探してみると、「何かのアプリからブログの管理画面機能を使わないのであれば、このメッセージは無視してもいい」という趣旨のことを書いてる人を見つけました。

そしてこのリンクが貼られていました(英語です)。

Why is Authentication not working? #
https://developer.wordpress.org/rest-api/frequently-asked-questions/#why-is-authentication-not-working

.htaccessにこの文言を足せだと?

1|<IfModule mod_setenvif>
2|SetEnvIf Authorization “(.*)” HTTP_AUTHORIZATION=$1
3|</IfModule>

いやぁ、こういうの書き足して、画面真っ白とかになるの、もう嫌なのよ…。怖いのよ…。

そんなリスクがあるのならばもう、「メッセージは無視する」でいいじゃないの…と思ったけど、よく考えたら「パーマリンクをフラッシュする」のクリックを試してなかった。

 

こっちの方がまだ、なにか直接的なご利益がありそうではないですか。

それにしても「フラッシュする」がどういうことを指すのはわからん。

パーマリンクというのは「Webサイトのページ毎に設定しているURL」のことです(今回のこの記事ならhttps://standtheworld.net/?p=9934)。

だいたい「パーマ」と聞くと、くるりと巻かれた髪型を思い浮かべるのでわかりにくいんですが、そもそもは「半永久的(permanent)に形が崩れない」というところから来てるんですね。だから普通は、「パーマリンク(各記事へのリンク)は、半永久的にそのままにしておくべき」というようなニュアンスを含むようです。美容院とかはいっさい関係ない。

これを「フラッシュする」というのはいったいどういうことなんだろう。

WordPressの説明ページがありました。

パーマリンク設定画面
https://ja.wordpress.org/support/article/settings-permalinks-screen/

このページの下の方に

注意: 「パーマリンク設定」画面を開くと、リライトルールはフラッシュされます。リライトルールをフラッシュするためだけに保存する必要はありません。

という記述がありました。

つまりそれ各記事へのリンクのURLの末尾を変えるルールを作ったら、「パーマリンク設定」画面を開くとリライトルールはフラッシュされちゃうよ、ってことね。

いや、わからんぞ。
「クラッシュする」なら壊れるのか…くらいのイメージはできるけど、フラッシュですからね。

しかもどうやら「flush」らしい。
閃光・速報、の意味のフラッシュは「flash」です。スペルが違う。

つまり動詞としての意味が違うってことでしょう。

トイレの水を流すことを「flush」と言ったりするそうです。
これがだから、この場合、なんなわけ?

さらに検索してあたってみると、どうやら「いったんバッファとして蓄積され、その後、満タンになるとHDDなどの物理的装置に書き出される情報を、そうなる前に書き込み始めるようにする」ことを「フラッシュ」と呼ぶということがわかりました。

いえ、わかったようなわからないような。

 

けっきょくどうすればええんじゃ。

なんとなくの理解ですが文脈から想像してみると「今のパーマリンクだと、このサイトを読めないアプリとかが出てくるよ。パーマリンクの感じ変えたら?」っていうことなんだと思います。

そういう希望がない限り、これはもう放置で良いでしょう。
ブログが読めません!っていうアプリ「のみ」使ってる特殊な人って、滅多にいないでしょうし。

一応、サイトヘルス(ホームページ健康情報)は良好なようですし、支障はないようなので、パーマネント(半永久的)に放置します。

根本的な解決の参考にならず、申し訳ない。

 

本日は以上です。

 

 

 

※後日見たら、なんだか問題解決してたみたい!勝った!!!

 

 







-PC・モバイル・WP・iPhoneなどのこと
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スマホ代を見直さざるを得ない良い季節の到来。

さて、そういうプランはないものか…ありました。

DNSアドレスが見つかりませんでした。

「DNSアドレスが見つかりません」てなに?

というわけで、フッカーツ。

電話料金を自動的に半分にする。

最後に「私がロボットではない証明」をして…申し込む、と。

急にルータが死んだ話

もう、フテクサレて寝てやるか…そしたら向こうから歩み寄ってくるかもしれんし…少し駆け引きって必要かもな、機械だって人間なんだし…とかわけわからんこと思い始めたんですけど、光っているランプを再度、よーく見ると、ただついてるんじゃなくて、どうも「高速で点滅している」ような気がして来たのです。

新しく安くするための、Wi-Fiとモバイルちょっとだけ検討士

3大キャリア(docomo・au・SOFTBANK)の店頭でならまだ親切なんですが、家電量販店に入ってるお店だと、あくどいこと、店員は平気でしてきますよ。
「こんなもんですよ〜今は〜」とお年寄りをしゃあしゃあと騙して、誰が60GBも使うねんレベルの契約を結ばせ、半年間だけ通信料無料になるプランでタブレットもつけて…とか、ぜんぜんやってきます。気を付けたい。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ