1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 哲学・思想

祭 056/365

日本の祭り

 

「まつり」という言葉は、服従する・つき従う・つかえるといった意味の「まつらふ」から発生したとされる。

日本の神はもともと、人間の望みを叶えるタイプではなく、禁忌が犯されたら祟りをなす、畏れるべき厳しいものだった。

そんな神をなだめ、喜ばせることで神の力を抑え、幸いに転じようとしたのが「祭り」の起源である。

神に捧げる供物は初収穫されたものが霊力が特に強く、神を喜ばせるとされた。

祭りは「朝廷祭祀」「神社祭祀」「民間祭祀」に分かれ、縁日や秘仏公開も「まつり」の範疇に入るとされる。

※祭りで神の霊威を高め災厄を除き、幸運を招くことを「神人共食」と言う。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 哲学・思想
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

やまと絵・唐絵 075/365

土佐派は一度途絶えたが、江戸時代に土佐光起が再興した。

四季 099/365

春夏秋冬の4つの季節。

『日本書紀』 017/365

『古事記』と合わせて「記紀」と呼ばれる歴史書。

名山 057/365

日本百名山の選定の基準は「山の品格」、「山の歴史」、「山の個性」である。

平野(関東平野) 050/365

含有する鉄分が風化によって酸化している「赤土」が特徴である。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930