1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 哲学・思想

祭 056/365

投稿日:2021年2月25日 更新日:

日本の祭り

 

「まつり」という言葉は、服従する・つき従う・つかえるといった意味の「まつらふ」から発生したとされる。

日本の神はもともと、人間の望みを叶えるタイプではなく、禁忌が犯されたら祟りをなす、畏れるべき厳しいものだった。

そんな神をなだめ、喜ばせることで神の力を抑え、幸いに転じようとしたのが「祭り」の起源である。

神に捧げる供物は初収穫されたものが霊力が特に強く、神を喜ばせるとされた。

祭りは「朝廷祭祀」「神社祭祀」「民間祭祀」に分かれ、縁日や秘仏公開も「まつり」の範疇に入るとされる。

※祭りで神の霊威を高め災厄を除き、幸運を招くことを「神人共食」と言う。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 哲学・思想
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

鎖国 261/365

1635年、すべての日本人の渡航・帰国が禁じられた。

神楽 154/365

かつては通夜や葬式でも行われた。

浄土式庭園 103/365

人々は浄土を求め、その具現を庭園として鑑賞した。

竹工芸 209/365

昭和に入っても、独創的な作品を生み出す作家が現れている。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365

大晦日、『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365』を完読いたしました。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ