1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

『竹取物語』 052/365

かぐや姫の物語

9世紀後半から10世紀前半と考えられているが、成立年は不明。

文章力や漢籍の教養などが見られるところから、僧正遍昭(そうじょうへんじょう)、源融(みなもとのとおる)、源順(みなもとのしたごう)などの名は挙がるも、作者は不明である。

一部に風刺的・反体制的な要素が含まれるため、当時の権力の中枢であった藤原氏に批判的な人物の手によるものだと考えることが可能だ。

平安文学の入門編にして、のちの日本における物語文学の下地になった。

さらに古い民間伝承に残されていた竹取翁伝説、妻争い伝説、羽衣伝説を盛り込んで、完成度の高いファンタジーに仕上げられている。

 

※世界で最初に翻訳したのはイギリスの日本文学研究者、フレデリック・ヴィクター・ディケンズである。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『古事記』 010/365

日本最古の書物だが、原本は残っていない。

節分 020/365

社寺では毎年、年男が大豆を炒ってまく、という行事を行っていたが、この行事と「鬼やらい」が結びついたものだと思われる。

前方後円墳 058/365

北海道・青森・秋田・沖縄を除く都道府県から、4,700基が発見されている。

高松塚古墳壁画、キトラ古墳壁画 019/365

1972年の大発見で、奈良県明日香村の高松塚古墳は有名になった。

古代の仏師 026/365

朝鮮半島から仏教が伝来した6世紀半ば、同時に仏像を制作する技術者たちも渡来した。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031