1日1ページ、世界の教養365

デヴィッド・ヒューム 202/365

CafePress – Davidヒューム哲学マグ – Uniqueコーヒーマグカップ、コーヒーカップ S 17656375

ヒュームの著作のうち、もっとも議論を呼んだのは「自然宗教に関する対話」である。

この著作は、彼が死んだ後に出版されるように手配されていた。

この中で彼は、伝統宗教の教義を批判している。中でも「神が世界を設計した」という主張に関しては、徹底的な批判を加えている。

ヒュームは信念ではなく欲望こそが、人間の行動を動機づけている唯一のものだと主張した。
私たちが道徳的な判断をくだす時は、単に自分の好き嫌いを言っているだけであって、それより高尚なことをしているわけではない、という。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『ボヴァリー夫人』 282/365

ギュスターヴ・フローベールの問題作。

宗教改革 182/365

こうして、ヨーロッパ全土を巻き込み、大量虐殺さえ起こった宗教改革は始まった。

イエス・キリスト 105/365

彼は降誕・受難・復活を経て、今でも多くの人に祈りを捧げられる「神の子」になった。

『星月夜』 269/365

ゴッホは1889年6月19日の夜、サン=レミの精神病院で、これを描いた。

マルティン・ルター 113/365

敬虔な信者こそ、その犠牲者になってしまっていたのだ。

書いてる人


2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031