1日1ページ、世界の教養365 歴史

スペインの新大陸進出 120/365

小学館版 学習まんが人物館 コロンブス (小学館版 学習まんが人物館)

スペインは中南米を制し、膨大な数の現地人を殺し、金銀財宝を奪い、アステカ・インカ両帝国を滅ぼし、最大・最強国になった。

そこには「野蛮な未開人をキリスト教徒にすること」を狂信する、頑なな思い込みがあった。急先鋒であるフアン・ヒネス・デ・セプールベダは、「完全な者は、不完全な者を従えて支配すべきである」と言い切った。

スペイン王カルロス一世が中南米における人道的な政策に賛同しようとした時、すでにその血の道は止めることができないものになっていた。

ヨーロッパでナポレオン旋風が巻き起こって国力が落ちるまで、中南米支配は続いた。

しかし、スペイン人が直接殺したアメリカ先住民よりも、スペイン人が持ち込んだ伝染病による死者の方が、何百倍も多い。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

ソロモン王 070/365

ソロモン王には、700人の王妃と、300人の側室がいたという。

ジョセフ・スミスとモルモン教 196/365

アルコール、タバコ、コーヒー、お茶は禁じられている。

ジャクソン・ポロック 353/365

彼は完成作品と同じくらい、絵を描く行為を大切だと考えていた。

意思の自由 230/365

決定論か、道徳的責任か。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930