1日1ページ、世界の教養365 宗教

カースト制度 329/365

スラムドッグ$ミリオネア (字幕版)

バラモン・クシャトリヤ・ヴァイシャ・シュードラ・ダリットの5つのカーストの他、ヒンドゥー教の社会に数百のサブ・カーストがある。

インド社会の差別構造の基礎となっている。

近代化に伴い緩やかになった部分もあるが、それは都会で、様々な職業に分かれたカーストに助けられないと生活できない環境になったからで、農村部ではいまだに、一つのカーストだけで孤立している地域もある。

5つのうちの最下層ダリットは「不可触民」とも呼ばれていた。
彼らは鈴を持ち、その音を出すことで「自分が近づく」ことを知らせなかればならない。

カルマという考え方に基づいて、近代的価値観とは合わない差別を生み出しているカースト制度。

無知なスピリチュアリストたちは、軽々しく「前世の記憶」や「魂の善行」などを語るが、無意識に、差別を助長しているのである。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 宗教
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

悪の問題 223/365

神が全知全能で、完全なる善ならば、なぜこの世には悪がはびこっているのだろう。

『考える人』 220/365

膝よりも腕や頭、上体が前に出ているのはそのためである。

フランス革命 176/365

しかし、王政の時代よりも、多くの血が流れた。

カール・マルクス 265/365

それを実験した大規模な国家がソ連だったが、腐敗で自滅した。

書いてる人



2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031