1日1ページ、世界の教養365 哲学

現象学 293/365

ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学 (中公文庫)

エトムント・フッサールが提唱した。

現象学は、その影響を受けたマルティン・ハイデッガーやジャン=ポール・サルトルを通じて、実存主義の発展に重要な役割を果たしている。

ある対象に意図的に向けられた意識経験を「ノエシス」と呼び、それによって捉えられた意味内容を「ノエマ」と呼んだ。

フッサールは現象学の目標を、ある特定の経験を詳細に記述することのみならず、異なる種類の意識経験の間に成り立つ、必然的な構造と相互関係を記述することに置いていた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

実数 298/365

古代エジプト人は、紀元前1000年頃から、分数を使っていたという。

ムアーウィヤ一世 259/365

ムアーウィヤ一世から始まるウマイヤ朝は661年〜750年まで続いた。

ユリウス・カエサル 029/365

だけど、暗殺された。

中世哲学 083/365

アベラールはエロイーズのおじに激怒され、局部を切断されている。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031