見たもの、思うこと。

ヤット・コレカラ・ガイウス・ユリウス・カエサル

 

やっと3巻を読み終えました。

ローマ
「何を今さら」なベストセラーなので、「いや、お前、これからじゃないか」などの言葉を先達からかけてもらえる級の嬉しさです。

古代ローマ、この巻ではユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)はまだ名前が出てくる程度。

なんと言ってもポンペイウス。
大ローマ(実際は連合国。そして属州、同盟国を合わせた領土)を拡大して、「そんなとこまで?」っていうくらいの広範囲をその勢力下に納めた大将軍。
ポンペイウス。なんてマーニュスなんでしょうw

しかし栄枯盛衰、かつての英雄が割と早々に没落し市民の支持を失うのを、すでに何度も見ています(スッラ、スキピオ、マリウスなど)。

ローマ人の物語は、一日にしてならず。

 

ここまで、大型の新刊本で読んできた『ローマ人の物語』、ここから(ユリウス・カエサル「ルビコン川以前・以後」)は文庫に移らせていただきます。

ガイウス・ユリウス・カエサル

別にすごいことでもなんでもないですが、日々「本を読まないと」と思ったりしているもので、違うジャンルの7冊同時に読み進めています。中でもこの『ローマ人の物語』は浅学菲才の身であるがゆえ、名前や地名に初見のものが多く、なかなか読み進めるのが難しい。

その点、日本史に関するものは進む進む。
そういう「緩急」があると、「よし今日はこれはここまで。続きはこれ」と、味を変えるみたいな感じで読む楽しみが増えます。

 

今日また、新たに読み始めようと思ってるのは、これです。

なぜなの????

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ONE-NIGHT PREVIEW 1212

BOØWY 1224 THE ORIGINAL

「あれ?これ、解散マジじゃねえか??」という確信が、会場のファンには湧いてきたのだと思います。しかも歌ってるヒムロックの様子が、どうもおかしい。声に、想いがこもりすぎている。姿に、万感こみ上げる様子が出過ぎている。やばい、これはやばいぞ…と、みんなが思い始めても仕方がない様子になっている。

ROME

『ROME』を見るぞ

第1シーズンの最終話は「カエサル暗殺」。

MIRACLE GLITTER

TRICERATOPS “MIRACLE GLITTER TOUR “ Zepp DiverCity TOKYO

子供のころに肌身離さず抱いてたヌイグルミを、裁縫のウデを磨いてプロになった自分が、記憶をたどって改めて縫って作ってみた、みたいな「愛」、みたいなやつ。わかりにくいですかね。

三度目の殺人

えーっと、何度目の殺人?『三度目の殺人』。

その意味では「すごいおっさんは、本当に顔がすごい」と、本物の役者のアップの凄みを改めて感じたのでした。

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

安室奈美恵だけが持つ魅力とは、なにか。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930