1日1ページ、世界の教養365 哲学

マルティン・ハイデッガー 300/365

技術への問い (平凡社ライブラリー)

ハイデッガーは自分の考えを、「哲学ではなく思索である」と説明している。試作は、哲学よりも詩と密接な関係にあるという。

彼は「技術(世界を私たちが自由に使える資源と見なす考え方)」に対し、極めて批判的だった。

後年、人間存在についてはそれほど重視しなくなったが、初めて「存在と時間」で論じた時には物議を醸した。

ナチ党を支持したことからも、彼の哲学とナチズムとの関係は議論の的となっている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ロベルト・シューマンとクララ・シューマン 215/365

ロベルトは病んでいた。

幹細胞 179/365

成体細胞は体の多くの場所にあるが、胚性細胞ほど万能ではない。

イデア 027/365

すでに知っているからこそ、真に認識するのは「想起」だと。

形而上学 048/365

アリストテレスは形而上学のことを「第一哲学」と呼んでいたそうだ。

コギト・エルゴ・スム 111/365

自分の考えや感情、欲求について考えることと、それ以外について考えることおは、何が違うのか?

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930