1日1ページ、世界の教養365 音楽

グスタフ・マーラー 292/365

グスタフ・マーラー―愛と苦悩の回想 (中公文庫)

マーラーは第二次世界大戦後、彼の死後40年を経てようやくその地位や名声が回復したと言っていいだろう。

作曲や作曲法について、存命中は非難されることが多かった。
しかし彼は、指揮者として初めてスーパースターになった人物である。

彼の妻アルマ・シンドラーは、彼の死後に再婚した建築家ヴァルター・グロピウス、作家フランツ・ヴェルフェルと、有名人ばかりだった。

彼が指揮した数年後に、世界的な名声を獲得したオーケストラは多い。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

静電気 102/365

ベンジャミン・フランクリンはそこから、「避雷針」を考え出した。

催眠状態 158/365

専門家の多くは、車の運転とテレビの視聴を催眠状態だと考えている。

ポール・セザンヌ 206/365

ピカソは彼を「私たち全員の父」と呼んで敬愛した。

ヘンリー・ジェイムズ 212/365

彼は心理小説の先駆者、と呼ばれている。

スパルタ対アテネー古代世界の覇権争い 015/365

圧倒的に勝った時代もあったが、勝ったら勝ったで空前の好景気が訪れ、貧富の差が治安を乱し、かつての厳しさがモットーだったスパルタらしさが失われ、弱体化に繋がっていってしまった。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930