1日1ページ、世界の教養365 音楽

グスタフ・マーラー 292/365

グスタフ・マーラー―愛と苦悩の回想 (中公文庫)

マーラーは第二次世界大戦後、彼の死後40年を経てようやくその地位や名声が回復したと言っていいだろう。

作曲や作曲法について、存命中は非難されることが多かった。
しかし彼は、指揮者として初めてスーパースターになった人物である。

彼の妻アルマ・シンドラーは、彼の死後に再婚した建築家ヴァルター・グロピウス、作家フランツ・ヴェルフェルと、有名人ばかりだった。

彼が指揮した数年後に、世界的な名声を獲得したオーケストラは多い。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フランス王ルイ14世 141/365

国王が絶対的権力をほしいままにする体制を作ったが、それ自体が、フランス革命への道を作ることになった。

観念論 195/365

そこにある物は、私たちが意識しない時も、そこにある。

マルセル・プルースト 226/365

その後、多くの作家たちがその考えを深めることに挑戦している。

認識論 153/365

信念は、イコール知識にはなり得ない。

『ブランデンブルク協奏曲』 089/365

1721年、バッハはこの協奏曲を、ブランデンブルグ辺境伯クリスティアン・ルートヴィヒに献呈した。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031