1日1ページ、世界の教養365

音楽のジャンル 110/365

音楽史を学ぶ 古代ギリシャから現代まで

ヨーロッパの歴史の中で、音楽は公の場で、または私的な場で演奏されるため作られた。
有名な作曲家たちが活躍したジャンルは、大まかに

・バレエ
・室内楽
・協奏曲
・オペラ
・組曲
・交響曲
・典礼音楽
・宗教合唱曲
・賛美歌
・コラール

などに分類をすることが可能だ。

それらの多くは、宮廷や貴族・王族たちの要請に基づいて作られ始めた。
私的な場、とはいえ、それは貴族のサロン的な場所だ。

公・私ともに、ヨーロッパの音楽は、「社交の場を盛り上げるため」に発展していった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

葛飾北斎 157/365

彼は「北斎」という名前を、46歳で名乗るようになった。

アプリオリな知識 132/365

1+1=2、は、アプリオリな知識なのだろうか。

侵害受容:痛みを知覚すること 046/365

脳内にある痛みに関する部位は、身体的な痛みと、感情的な痛みを区別していない。

ヴェルディの『トラヴィアータ(椿姫)』と『アイーダ』 250/365

彼はそれがきっかけで数年、田舎の自宅に引きこもってしまった。

『グレート・ギャッツビー』 079/365

彼はこのタイトルにするのに何ヶ月も悩んでいたという。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031