見たもの、思うこと。

ジョジョ展2017その1【概要編】

 

 

ジョジョ展は喝采賞賛杜王町、批判はいっさい聞こえま仙台。

その2【マンホールコンプリート編】はこちら
その3【OWSON編】はこちら
その4【ジョジョフェスカフェ編】はこちら
その5【カメユーマーケット編】はこちら
その6【パン編】はこちら
その7【原画展編】はこちら

 

 

知り合いに「行って来たんです」と高らかにすでに宣言されており、「でも仙台だからな…」「遠いな…」というネガティビティが押し寄せて来そうになっていたんですが「いや、仙台だよ」「遠くないだろ」というポジティビティの襲来も同時にやって来て、従うべきはポジティビティだろう、ということで行って来たのです。これが「モスクワで開催」とかだとネガティビティに負けていたでしょう。

ジョジョの奇妙な冒険とは。

ジョジョの奇妙な冒険
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョジョの奇妙な冒険

今さら説明も不要な、世界的人気漫画。初出は1986年。シリーズは現在第8部(ジョジョリオン)。今回の「ジョジョフェス」は、第4部(ダイヤモンドは砕けない)と、第8部の舞台(S市杜王町)の元となっている、仙台で行われた、というわけです。

漫画の舞台は「S市紅葉区杜王町(エスし・もみじく・もりおうちょう)」仙台市の中心は「青葉区(あおばく)です。作者の荒木飛呂彦先生は仙台市のご出身だそうで、特に第8部(ジョジョリオン)には、仙台市内の地名がふんだんに出て来ます。

いや、だからと言ってここ(仙台)を「聖地」と呼ぶのはどうかな、と思わないでもないです。

「聖地巡礼」に関する勝手な違和感[破竹]

でも、「フェス」ですから。

フェスが開けるくらいなのであれば、お祭りですから、もう、なんでもありですw

ジョジョフェス公式サイト
http://jojofes.com/

荒木飛呂彦原画展
ジョジョ展
http://jojofes.com/gengaten/

 

何回かに分けて書いておきたいと思います。

グッズ会場(カメユーマーケット。後述)で売られていた、「ジョジョ初出のジャンプの復刻」を見てみますと…。

これが復刻版の表紙(懸賞などはとうぜん応募不可能です)。

うわあ巻頭カラー、衝撃を覚えています。

 

横並びの漫画を見てみまするに…。

あ、アックマン!

ファルコが修羅の國で…

 

博打を勧める少年誌…w

ディアスくん。

 

大威震八連制覇やないかい

 

ロビンマスクの体が…

 

ぬけ作先生!

 

太一くん…!

 

おでも頑張る!

 

犬。

 

ああ、ジャンプ放送局。

 

いやぁすごい。

この刊(昭和62年1月1日号)の連載漫画のラインナップは…

ジョジョの奇妙な冒険
ドラゴンボール
北斗の拳
アカテン教師梨本小鉄
キャプテン翼
魁!男塾
聖闘士星矢
キン肉マン
キララ
こち亀
ハイスクール!奇面組
赤龍王
CITY HUNTER
銀牙ー流れ星 銀ー
ついでにとんちんかん
空のキャンバス
山下たろ〜くん

すごい時代です。

 

鳥山先生w

 

せっかく行って来たので、回を分けて、書いてみたいと思います。
2017年9月10日で会期は終了。良い思い出になりました。

荒木飛呂彦先生の原画が掲示される「原画展」、
グッズ販売会場となった「カメユーマーケット」、
あの「オーソン」が本当にあった!「OWOSON」、
名前の元となった「花京院」、
グッズとカフェで賑わった「ジョジョカフェ」
サンジェルメンのベースとなった「石井屋」、
そして市内に各所に設置された「キャラマンホール」。

お楽しみに。

あ、アニメは、Huluにありますよ。
第4部「ダイヤモンドは砕けない」は、コアな原作ファンにも評判の良い、凝った作りです。 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

平将門を祀る場所、へ来た。(写真40枚)

とにかく「最強の武将にも弱点があり、かなりの偶然さえなければ、負けることはなかったんだ!」という気持ちが込められているような、そんな気がしますね。

リリーのすべて

根源的な、愛の話。『リリーのすべて』。

偏見どころか「異常者」として隔離される危機すらある時代。

「最後通牒ゲーム」に納得できるかどうかが人生の分かれ目!?

『最後通牒ゲーム』とはどのようなものなのかを、簡単に説明します。 このルールは絶対で、変更できません。 まずこの前提を忘れないように心に刻んでください。 でないと、楽しみもジレンマも、堪能できません。 …

福山雅治

「三度目の殺人」の評判がすごすぎる

考えざるを得ない示唆をいただき、ありがとうございます。

芸術は誰のものぞ!?『黄金のアデーレ 名画の帰還』

もはや、全ての元凶はナチス。

書いてる人


Hulu


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031