1日1ページ、世界の教養365 哲学

イマヌエル・カント 237/365

カント『純粋理性批判』入門 (講談社選書メチエ)

「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」などで知られる、ドイツ最大の哲学者。

特に前の2つは「第一批判」「第二批判」と呼ばれ、人間はそれぞれ、何をしたいかに関係なく、何をすべきかを命ずる道徳法則があるのだと主張した。

彼は自然科学と道徳と宗教を合理的に正当化することを目的とし、人類が確実に知ることのできる範囲には制限があると主張する。

時間と空間は、世界それ自体の客観的な特徴ではなく、私たちがそう感じている「経験」の形式だと言うのである。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

音楽の基礎 005/365

転調と言えば、話題になっていたのがSHISHAMOの『明日も』という曲だ。

オスカー・ワイルド 296/365

税関職員に、「私が申告するものは、我が才能のみだ」と告げたという。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

静電気 102/365

ベンジャミン・フランクリンはそこから、「避雷針」を考え出した。

『これは世界に宛てた私の手紙』 310/365

ディキンソンは1700編以上の詩を書いたが、生前に発表したのは、そのうちのわずか7編だった。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930