1日1ページ、世界の教養365 哲学

イマヌエル・カント 237/365

カント『純粋理性批判』入門 (講談社選書メチエ)

「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」などで知られる、ドイツ最大の哲学者。

特に前の2つは「第一批判」「第二批判」と呼ばれ、人間はそれぞれ、何をしたいかに関係なく、何をすべきかを命ずる道徳法則があるのだと主張した。

彼は自然科学と道徳と宗教を合理的に正当化することを目的とし、人類が確実に知ることのできる範囲には制限があると主張する。

時間と空間は、世界それ自体の客観的な特徴ではなく、私たちがそう感じている「経験」の形式だと言うのである。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

トーラー 007/365

「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」。

オーギュスト・ルノワール 234/365

「神々の楽園としての地上世界。それを私は描きたいのだ」とルノワールは言った。

ミケランジェロ 101/365

ミケランジェロは若い時から才能を発揮した大天才だった。

ジャクソン・ポロック 353/365

彼は完成作品と同じくらい、絵を描く行為を大切だと考えていた。

フレデリック・ショパン 222/365

ワルシャワを離れる時に彼は、祖国の土を詰めた銀の壺を持っていたという。

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829