1日1ページ、世界の教養365 哲学

コギト・エルゴ・スム 111/365

我思う、ゆえに我蹴る。アンドレア・ピルロ自伝

デカルトは「省察」をラテン語で書いた。

「われ思う、ゆえにわれあり」は、「自分自身が存在しているという真理を発見した」言葉として、広く知られている。

自分の考えや感情、欲求について考えることと、それ以外について考えることおは、何が違うのか?

という自己認識の問題は、自分のことについては誤解は起こらない、とのデカルトの考えとともに、近世観念哲学の基礎となったと言えるだろう。

彼は神の存在を証明とともに、疑いえないポイントとして「自己」を基点においた。

懐疑論 097/365

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

印象主義のクロード・ドビュッシーとモーリス・ラヴェル 299/365

二人は疎遠になった。

幹細胞 179/365

成体細胞は体の多くの場所にあるが、胚性細胞ほど万能ではない。

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

フランシスコ・デ・ゴヤ 171/365

ゴヤはスペインの政治情勢に絶望していた。

バートランド・ラッセル 349/365

分析哲学の創始者。

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829