1日1ページ、世界の教養365

山上の説教 112/365

山上の説教 上巻

キリストによる「山上の説教」がたった1回だったのか、または複数回に渡って行われたのか、はわかっていない。

ガラリヤ山の中腹でキリストは、「目には目を」式の復讐はしてはならない、と説いた。
マタイの福音書に書かれているこの「山上の説教」についての解釈は、いまだに決着を見ていない。

神に救済されることは条件が厳しいので、その状況によって修正していくべきだと思う者もいれば、やはりイエスの言葉通りを実践しないといけないと考える人たちもいる。

これほどの厳しい教えは弟子たちにすら守れないだろうが、またそれによって悔い改める機会が訪れるだろうとイエスは考えたのだ、とする一派もある。

不可能なことを言ったのはそこから神が、先を考える機会を与えてくれているのだ、と解釈したり、または字義通りでないとおかしい、と解釈したり、今も議論の的になっている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハシディズム 098/365

汎神論(どこにでも神はいる)と「デベクート」と呼ばれる神との密着状態を説き、反発と同時に、熱狂をも呼んだ。

モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』 152/365

モーツァルトはドン・ファンを選んだ。

カインとアベル 021/365

子羊を捧げたアベル。
農作物を捧げたカイン。

和声(ハーモニー) 019/365

ハーモニーの語源は「固定」「つなぐ」という意味のギリシャ語「ハルモニア」なのだそうだ。

ガリレオ・ガリレイ 095/365

それをローマ教皇が謝罪し、彼の行動を褒め称えたのは死後、359年を経た1992年である。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031