1日1ページ、世界の教養365 歴史

アレクサンドロス大王 022/365

アレキサンドライト・ルース4.05CT

20歳で王位を継いだ大王は、33歳で死ぬ。

その間に、ギリシャ・シリア・エジプト・メソポタミアという超広範囲を征服し、その支配下に治めた。

この、「強力な軍隊が攻めて支配することで結果的に、文化的な融合が起こる」というパターンの、史上最初の例かもしれない。

彼が若くして死した後は王国は分割され、ギリシャ文化は広い世界の共通認識となる(ヘレニズム文化)。

あのローマとカエサルとクレオパトラ(7世)の子であるプトレマイオス15世(カエサリオン)を最後とするエジプト・プトレマイオス朝も、アレクサンダー大王の部下プトレマイオス(マケドニア出身のれっきとしたマケドニア人)が統治することから始まった。

世界が統一されていくがごとき勇猛で強烈な軍と王の勢いは、「彼があのまま生きてたら…」という想像をする余裕をすら、のちの我々に与えてくれている。

カエサルがあと5年、信長があと10年生きてたら…という夢想のことを、現代でも「ロマン」と呼ぶ。
語源はカエサルが潰えた「ローマ」だ。

「アレキサンドロスン」とかいう言葉になってないのは残念だ。

 

カエサルは織田信長…?

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アブラハム、イサク、ヤコブ 028/365

アブラハムは女奴隷ハガルとの間にイシュマエルという子を作っている。

ゴシック美術 045/365

そもそもは古代ローマ帝国を侵略した蛮族「ゴート族(Goths)」に由来する。

ハシディズム 098/365

汎神論(どこにでも神はいる)と「デベクート」と呼ばれる神との密着状態を説き、反発と同時に、熱狂をも呼んだ。

グッゲンハイム美術館 304/365

設計は、すでに名声を得ていたフランク・ロイド・ライトに託された。

イスラム教の五行 217/365

すべてのイスラム教に課せられる、5つの義務。五柱ともいう。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031