1日1ページ、世界の教養365 歴史

アレクサンドロス大王 022/365

投稿日:2019年1月22日 更新日:

アレキサンドライト・ルース4.05CT

20歳で王位を継いだ大王は、33歳で死ぬ。

その間に、ギリシャ・シリア・エジプト・メソポタミアという超広範囲を征服し、その支配下に治めた。

この、「強力な軍隊が攻めて支配することで結果的に、文化的な融合が起こる」というパターンの、史上最初の例かもしれない。

彼が若くして死した後は王国は分割され、ギリシャ文化は広い世界の共通認識となる(ヘレニズム文化)。

あのローマとカエサルとクレオパトラ(7世)の子であるプトレマイオス15世(カエサリオン)を最後とするエジプト・プトレマイオス朝も、アレクサンダー大王の部下プトレマイオス(マケドニア出身のれっきとしたマケドニア人)が統治することから始まった。

世界が統一されていくがごとき勇猛で強烈な軍と王の勢いは、「彼があのまま生きてたら…」という想像をする余裕をすら、のちの我々に与えてくれている。

カエサルがあと5年、信長があと10年生きてたら…という夢想のことを、現代でも「ロマン」と呼ぶ。
語源はカエサルが潰えた「ローマ」だ。

「アレキサンドロスン」とかいう言葉になってないのは残念だ。

 

カエサルは織田信長…?

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルネサンス美術 059/365

14世紀初頭、イタリアで起こった、「個人主義」の萌芽から、ルネサンスは始まったと言える。

パブロ・ピカソ 318/365

遺言さえなかった。

チンギス・ハン 071/365

彼の軍は、「服従しなければ皆殺し」政策をとった。

原子 256/365

宇宙の温度が3000ケルビン(摂氏2727度)に下がって初めて、原子は誕生した。

アイルランドのジャガイモ飢饉 197/365

アイルランドからアメリカへの大量移民は、この飢饉がきっかけになった。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ