1日1ページ、世界の教養365

ロベルト・シューマンとクララ・シューマン 215/365

クララ&ロベルト・シューマンのロマンス

ロベルトは病んでいた。
クララも優れたピアニストだった。

彼女の父であり恩師でもあるフリードリヒ・ヴィークの反対を押し切って、二人は結婚した。

しかし二人の結婚生活は、厳しいものになった。
ロベルトに襲いかかる精神衰弱のせいもあり、まともに仕事ができなくなったからだ。

友人であるフェーリクス・メンデルスゾーンに紹介されたライプツィヒ音楽院の教職も、あまりにひどい講義ぶりのせいで、辞職せざるを得なくなった。

しかし彼は結婚の一年目に、140曲ものリート(ロマン主義的な歌曲)を描いた。

彼ら二人の才能は、後世に語り継がれるべき、素晴らしいものである。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

『選ばれなかった道』 184/365

この詩の作者ロバート・フロストは、見抜いていた。

論理学 062/365

ゆえにソクラテスはいずれ死ぬ。

ノア 014/365

神が急に決めた「7日後から40日間、大雨降らせて壊滅的な洪水を引き起こすから」という無茶に、すごい速さで対応して世界を救ったノア。

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031