1日1ページ、世界の教養365

ベートーヴェンの『交響曲第九番「合唱付き」』 180/365

音楽家の伝記 はじめに読む1冊 ベートーヴェン (音楽家の伝記―はじめに読む1冊)

ベートーヴェンは「第九」を完成させた数年後に亡くなった。

これを書いたとき彼は、すでに何も聴こえなくなっていた。
あの繊細で軽快で、幸福感に満ち溢れたクライマックスを持つ「交響曲代食う番」は、聴力を失った状態で作られたのである。

「歓喜に寄す」の歌詞の一節は、ドイツの詩人フリードリヒ・シラーが1785年い書いた詩から引用されている。

彼は1814年にはピアノを弾かなくなり、最後は筆談になった。

ベッドで最期を迎えようとしていたときに屋外で落雷があり、雷鳴が轟いたとき彼はいきなり上半身を起こし、天に向かって拳を振り、そのまま倒れて息を引き取ったという。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イギリスの北アメリカ植民地 127/365

この、最初の考え方の違いのようなものが、今日のアメリカ人の、アイデンティティに残る緊張状態の根源だと言う人もいる。

ポストモダニズム 142/365

ポストモダニズム文学における様々な挑戦は今も続いており、まだ終わっていないと考えられている。

アリストテレス 041/365

アリストテレスは、あのアレクサンドロス大王の家庭教師をしていた。

ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー 178/365

彼は、近代の芸術運動の先駆けになったと評されている。

デヴィッド・ヒューム 202/365

この著作は、彼が死んだ後に出版されるように手配されていた。

※2019.09.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30