1日1ページ、世界の教養365 歴史

ネルソン・マンデラ 358/365

ネルソン・マンデラ

南アフリカは国家政策として、白人政府が1990年に廃止するまで、黒人差別をやめなかった。
支配層である彼らは17世紀以降に移り住んだオランダとイギリスからの入植者の子孫であり、人口の4分の3を占める黒人には、海岸から病院に至るまで、低劣な環境を強制した。

ネルソン・マンデラはのちにノーベル平和賞を受賞し、大統領に選ばれる。
しかし1964年の裁判で言い渡された、監獄島での終身刑では、重労働を強いられ、独房で電灯をつけることすら許されなかった。

挫けず人権運動を指導する姿には、収監中にもかかわらず、看守からの尊敬すら集めた。

2013年に亡くなるまで、そして今でも、世界で最も尊敬された政治家として、名を留めている。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『叫び』 290/365

中央の人物はムンク本人である。

因果関係 216/365

因果規則性説、および因果反事実説、どちらも欠陥がある。

プラグマティズム 286/365

プラグマティズムは、チャールズ・サンダーズ・パース、ウィリアム・ジェイムズ、ジョン・デューイの三人によって創始された哲学思想である。

ロゼッタ・ストーン 036/365

彼は20歳までにラテン語・ギリシア語・ヘブライ語・アムハラ語・サンスクリット語、アヴェスタ語・パフラヴィー語・アラビア語・シリア語・ペルシア語・中国語を習得していたという。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031