自論構築過程

「玉兎」と名付けるその素晴らしさ

 

数日前に、語彙力が欲しいぜ、という話を書きました。

死ぬ寸前まで、ボキャ力が欲しいぜ

補足です。
語彙力あるなぁ、と思う人ほど、「語彙力があったらなぁ」と強く切望していて、無い人ほど、そんなに切実には思ってないんですよね。
これがもう、答えだなと。
考えるには、語彙が要るんですよ。

月

 

中秋の名月、というやつなわけですが、ほんと、いつも思うんです、月を見るたびに。

多分毎回思うので、心から思ってるんだなぁと思うんですがw

昔、例えば平安時代とか、月って、強烈な存在だっただろうなぁと。
昼間の太陽だってそれはそれは強烈なんだけど、昼間は他にもいろいろあるじゃないですか。

何より、生物の活動がある。暮らしがある。意識がある。

夜。

もう平安の夜なんて言ったら、もう真っ暗闇ですよ。

遠くでコンビニが光ってる、とかありえないんですよ。
完全なる真っ暗です。

 

今とは、暗さが違う。

そう想像します。

すると、今でも銀盤のように光る明るい月夜などは、それはそれあ、明るかっただろうと。

「ちょっと、月見でもするか」と言わざるをえないほどに、明るかっただろうと思うんです。

月しかない、ところへ持ってきてあの形状です。
丸い。

丸いものは地上にもたくさんあったでしょうけど、まだ「地球が丸い」なんてことは全然知らない時代です。

なんで月が夜に光ってるのか、というその根拠もわかってない。
ただ月は月で、夜は夜で。
ただ空は空で、世界は世界で。

っていう中での存在感は、もうそりゃ歌にするわさ、するしかないわさ、となるでしょう。

秋風にたなびく雲のたえ間よりもれいづる月のかげのさやけさ
左京太夫顕輔

去年見てし秋の月夜は照らせれど相見し妹はいや年離る
柿本人麻呂

今来むといひしばかりに長月の有明の夜を待ち出づるかな
素性法師

なげけとて月やは物を思はするかこち顔なるわが涙かな
西行

もう、ロマンチックロマンチック。

 

夜は寝るものだった時代にあって、夜中まで起きてるってことは、それだけ生産活動以外の、余計なことをしてたってことですから、

「文明世界は、夜作られた」

と言っても過言ではないかもしれませんね。

 

 

 







-自論構築過程
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニコチンないなら電子タバコを!?

吸ってる理由はただ一つ、「依存」です。

それでもウナギを食べよう!!

で再度言いますが、「ウナギ関係者に死ねというのか?」という文言は、通りません、なぜなら「ウナギが絶滅したらどっちにしてもお前らは死ぬ」からです。

やってみよう!ポピュリストとさえ言えば批判できる気がするよ!

民主主義のことを考えなきゃダメ?

そんなに、俺が悪いのか??

「あの人のせい」は極端な話、「死ね」と呪ってるのと同じだったりするんですよ。

燃える燃えない?燃やす燃やさない?

ほら、やっぱりこの方式、1600℃以上出るんじゃないですか。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930