1日1ページ、世界の教養365 歴史

スペイン内戦 302/365

スペイン内戦―老闘士たちとの対話 (講談社現代新書 603)

第二次世界大戦の前、ナチスやソ連は、いずれ来る大戦のための、兵器の実験場としてスペインを利用した。

犠牲者の数は100万人を超えたと言われる。
ドイツとイタリアは右派を援護し、ソ連は左派を支援した。

その残忍な戦いの中で、西側諸国は、いずれ枢軸国たるドイツ/イタリアと対決しなければならないであろうことを予測し、左派を心情的に支えた作家たちは、ソ連に対する不安を催していた。

勝利したフランシス・フランコ将軍は多くの支援をドイツ/イタリアから受けたが、第二次世界大戦では中立の立場を守った。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フランス革命 176/365

しかし、王政の時代よりも、多くの血が流れた。

ウィリアム・フォークナー 072/365

架空の場所、ミシシッピ州ヨクナパトーファ州が物語の舞台として出てくるため、彼の一連の作品は「ヨクナパトーファ・サーガ」とも呼ばれている。

アンドリュー・カーネギー 274/365

彼は引退後、巨額の寄付をして生きた。

後期印象派 248/365

彼らは印象派の画家たちと違い、孤独を愛し、単独で行動する傾向があった。

道教 336/365

中国に古くから続く、古代思想の一つ。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031