1日1ページ、世界の教養365 哲学

中世哲学 083/365

プロスロギオン (岩波文庫)

ヨーロッパにおける「中世」とは、5世紀ごろから15世紀、ルネサンスが始まる
ころまでとされる。

文化的衰退や宗教的な意味合いを考えると、日本にその時間を当てはめることは適当ではない。

このころ、文化は衰えたが、哲学は盛んだった。
誰もが、キリスト教がもたらす清貧思想に苦悩し、天才たちはどこかに、現実と神の世界が統合できる糸口を、探そうとしていたのかも知れない。

中世後期に登場したトマス・アクィナスは、アリストテレス哲学とキリスト教神学を統合し、壮大な哲学・神学体系を作ることに成功した。

中世初期の偉人としてはピエール・アベラールが挙げられる。論理学や意味論で有名だが、それより有名なのは弟子エロイーズとの関係性において、だろう。

アベラールはエロイーズのおじに激怒され、局部を切断されている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ソクラテス 013/365

「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という神託を聞いて彼は、それを「間違っている」と証明するために、当時、賢者と称えられていた人たちと問答した。

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

スーフィズム 238/365

スーフィーという言葉は、「羊毛」を語源とする。

アントニオ・ヴィヴァルディ 061/365

今でも、ヴィヴァルディの曲を聴かない日はない、というほどに、日常のBGMとして流れている。

『アメリカン・ゴシック』 339/365

彼はこの作品でシカゴ美術館のコンペで銅賞を獲得し、賞金300ドルを得た。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930