1日1ページ、世界の教養365 音楽

『ブランデンブルク協奏曲』 089/365

バッハ:ブランデンブルク協奏曲

バッハの手がけた傑作。

1721年、バッハはこの協奏曲を、ブランデンブルグ辺境伯クリスティアン・ルートヴィヒに献呈した。

全6曲で構成されている。
ドイツのバロック式の壮麗な様式と、ヴィヴァルディの楽曲のような陽気さの融合は、長く高い評価を受け続けている。

彼はダイナミックな掛け合いと、考えうる独奏楽器を大胆に活用し、野心的な試みを成功させた。

独奏楽器が複数あることから「コンチェルト・グロッソ(合奏協奏曲)」と呼ばれている。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジャンヌ・ダルク 085/365

ローマ教皇が彼女の異端宣告を破棄するには、1920年になるのを待たなければならない。

スペイン内戦 302/365

犠牲者の数は100万人を超えたと言われる。

パリのノートルダム大聖堂 052/365

フランスの歴史の、節目を見届けきた大聖堂。

レフ・トルストイ 331/365

彼はロシアの貴族の家系に生まれた。

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031