1日1ページ、世界の教養365

黒死病 078/365

デカメロン

黒死病がいったいどんな原因だったのか、いまだにはっきりとはわかっていない。
腺ペスト、がそうだろうというのが有力な候補というだけだ。

嘔吐・下痢・皮膚が黒くなる、そして死。

アジアからやってきたこの病気は、衛生状態が悪く、抗体を持たないヨーロッパの人々を大量に死に追い込んだ。この大量の死は、ユダヤ人虐殺にも繋がってしまった。言われのない恐怖や状態を、ヨーロッパのキリスト教徒の多くの人たちは「ユダヤのせい」と短絡する思考を持ち続けている。

「ユダヤ人が悪い」で片付いてしまうと思いきや、それはキリスト教会そのものへの不信にも繋がった。

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。
黒死病(ペスト)が蔓延した1347年以前の人口規模に戻るのに、ヨーロッパは実に400年を要している。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パルテノンの神殿 017/365

清貧を重んじ、奢侈を嫌う一神教の人々によって、飾りは捨てられ、派手さは削られたのだろう。

レンブラント 136/365

プロジェクトによる調査の結果、レンブラントの絵画と言われるもののうち、約350点だけが彼の真作だと判定されることになった。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ 082/365

彼女のために作曲した練習曲は、今でも多くのピアニスト志望者の練習曲になっている。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

『オジマンディアス』 065/365

我が名はオジマンディアス、王の中の王。汝ら強き諸侯よ、我が偉業を見よ。そして絶望せよ!

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930