自論構築過程

キャンプファイア/助けられる方法を考えておくれ

 

 

 

まさに喰らうどファウンディング。

コロナ禍で、いろんな飲食店が悲鳴を上げておられます。
現実問題、もう悲鳴すら聞こえなくなってきていたりもします。

お店開けてれば開けてるだけでお金かかるし、
だからって閉めたらお客さんが来たくても来れないし…。

開けてるってことは他の仕事できないってことだから、
それでお客さんゼロだったら売り上げもゼロ。
仕入れや光熱費・家賃・人件費は自動的にかかりますからね。
他の仕事を探す…と言ってもそれすらもなんだか自粛ムードだったりするし。

感染を懸念して店を閉める、行くのをやめるって言ってんのにわざわざ不特定多数が集まる場所で新たな仕事を…っていう、よくわからないリスキーさすらつきまとっています。
じゃあどうすんのっていう。

クラウドファウンディングのサイトキャンプファイアにも、
そういうのがたくさん出てました。

コロナウイルスの影響でカフェ&バーの売り上げが激減!助けてください!

コロナウイルスで御客様激減、ジンギスカン専門店と家族を守りたい!

スペインIBIZA島で唯一のラーメン専門店 新型コロナウイルス緊急支援願い

25歳カフェオーナー救済プロジェクト

【店を守りたい】コロナに負けたくない!!仙台の野球居酒屋に力を貸してください!

コロナに負けられない

 

「まちづくり・地域活性化」のジャンルを見れば、たくさんたくさん出てきます。
いやほんと、これくらいしか出来ることってないですもんね。

せっかく開いたお店、この間とりあえずずーっと閉めて、ほとぼりが冷めたら再開しましょう!とか、ちょっと今回はダメだったけどまた店作りまーす、とか、そんなこと出来る人ばっかりじゃないですからね。

一念発起で人生をかけて、言ってみれば大借金を抱えながら自転車で走り続けるぞ!って決めたのに、急に「ペダルを外していただくお願い」がやってきて、外してなくてなんだか必死で漕いでるのが悪いみたいな空気も出来てきて、どうしようもない。

いろんなプロジェクトを見てると、すごいお金が集まって、何百人も支援してる人がいるのもあって、すごいなぁと思う反面、そんなの何回も何回もやるのかってなったらそうはいかないし、主催者や店主だってそれで儲かる、とかじゃないから、いやぁこの先どうすんのよ…という悲嘆が、消えるわけでもないんですよね。

例えば何百年続く老舗、とかも潰れる。
そうなるとその経営者の生活、だけでなく、歴史建造物そのものの存続も危ぶまれる。

歴史的に価値がある、となると自治体が買い取ったりして保全していく…ってことになるパターンもあるんでしょうけど、やっぱり公的資金、今こそ使ってくれよ、という思いは出てきますよね。

キャンプファイアとか、クラウドファウンディングが「生活そのもの」を支えるようになってしまうというのは、本来おかしいわけで。

 

私もいくつか支援(購入)したことあります。
マスクも増えてる。
スマホ充電器とヘッドフォンが多い。
あと財布。

CAMPFIRE

 

 

そういえばこの記事で訪れたのも、「Makuake」の応援、だったんですよ。

義肢装具士の沖野さん(OSPO)にお話をうかがいました

 

クラウドファウンディングじゃなくても、「こうやってくれたら助かります!」みたいなやつ、飲食店の人らは考えて発信すべきだと思います。

助けたくてもどうしようもない、っていう、隠れたお客さん、「サイレント・マジョリティ」、たくさんいるはずですから。

 

 

 







-自論構築過程
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

感謝

ありがとうございますを言う人/言わない人

「感謝感謝」と口に出しているやつはアホだと思っている。

保護中: 秘密の動画へようこそ。

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

モノへの執着は無くなるか…!?

  ちょっとずつ、モノへの執着が小さくなってきているのを感じています。もちろん大事な物はあるし、なんでも粗末にはしないように心がけたいと思ってはいます。執着というのは、実は「その物自体へでは …

「欲しいもの」と「必要なもの」を区別せよ!

未だに覚えてるくらいですから。衝撃でした。

面白い人はハロウィンパーティには行かない説

悪ではない。



書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031