1日1ページ、世界の教養365

超新星 039/365

超新星フラッシュマン DX超合金 フラッシュキング

地球にある、酸素より重い元素はすべて、かつて巨星の超新星爆発でできたものだと考えられている。

重力に押しつぶされ、耐えられなくなった星の最後は、爆発で終わる。そしてそれが、どこかの新しい星の誕生の始まりにもなる。

そうとうに熱い状況を生み出す超新星は、水銀・金・銀などの重い元素を生成してしまうほどの高温になる。

今日も宇宙のどこかで超新星爆発は起こり、核融合で爆発に導かれた元素たちは、価値など意に介さず宇宙にばらまかれる。

そして地球人は、偶然この星にたどり着いたそれらの元素でできた金属を、採掘・加工・流通させて、人生を守る何かのように、大事に保管している。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

モーツァルトの『ピアノ協奏曲第21番』と『交響曲第41番』 166/365

モーツァルトはウィーン時代に、ピアノ協奏曲を17曲作った。

モーツァルトの『レクイエム』 145/365

1791年7月、彼の家に、見知らぬ男性がやってきた。

『カンディード』 135/365

ヴォルテールの交友関係は広い。

フランツ・シューベルト 194/365

彼はその短い生涯で、600曲以上を書いた。

アルファベット 001/365

文字を持ち複雑な思考を独り占めしていた特権階級は、命令を奴隷に伝えるために文字を簡略化した。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031