1日1ページ、世界の教養365

サラ 035/365

サライ

伝説や神話、あるいは神格化された人間。
アブラハムの妻・サラは127歳で死んだ。しかも「喜び死に」したという。

91歳ごろに出産した待望の実子・イサクが死んだ、とサタンに言われていたのに実際は生きていたので、喜びすぎて死んだ。

その歳になると、急激な感情の起伏は心臓に悪いということか…。

950歳まで生きたノアに比べると、127歳などはまだ若手である。

この、「サラ」はヘブライ語で「高貴な女性」の意味もあり、アブラハム・イサク・ヤコブのそれぞれの正妻4人を指す「アルバア・ハ=イマホット」とともに、概念化された存在、と言ってもいいのかもしれない。

彼女はアブラハムたちとともに、パレスチナ自治区のヘブロンに埋葬されているという。

ノア 014/365

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

エラトステネス 011/365

その恩恵は、今も続いている。

ソクラテス 013/365

「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という神託を聞いて彼は、それを「間違っている」と証明するために、当時、賢者と称えられていた人たちと問答した。

アレクサンドロス大王 022/365

20歳で王位を継いだ大王は、33歳で死ぬ。

太陽系 018/365

「調査隊が絶滅する恐れがある」という状態で、アリの生態を調べにいく教授はいない。

書いてる人


Hulu


2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728