1日1ページ、世界の教養365

アルファベット 001/365

 

文字は簡略化された。
表意文字(それだけで意味を有する文字)から、表音文字(音だけを表す文字)へと簡単に変更され、広められた。

だから、神聖かつ不可侵な立場にあった僧侶や貴族など、一部の人間しか読めなかった時代より、文明は広く、発達した時代を迎えることができた。

それまでは話し言葉しかなく、複雑な思考ができないとされていた。
文字に残すと、考えた形跡を残しておけるから、それはいったん脳の外へ置いておいて別の複雑な思考をし、後でそれらを紙上で結合する、という作業もできるようになったんだろう。

文字を持ち複雑な思考を独り占めしていた特権階級は、命令を奴隷に伝えるために文字を簡略化した。

そのせいで、広く多くの人が思考を深め、自身や家族を守るための成功や失敗を多く知ることができ、文化は違う方向へ進むことを余儀なくされた。

日本列島に住んでいた人々も、長く文字は持たなかった。
文字が入って来た途端、爆発的に「文学」が生まれ、文明が発達した。
もちろん、それまでに既に、話し言葉において、高度なテクニックが生まれていたのだろう。

そこへ文字が注ぎ込まれたということなのだと思う。

アルファベットは表音文字として、広く、途轍もない勢いで世界を席巻している。
ヒエログリフから生まれたアルファベットが、これ以上簡略化されることは、もうないだろう。

デジタル信号としての「0と1」も簡略化と言えなくはないのかも知れないが、それが人類にもたらしたのは果たして、なんらかの「特権階級からの解放」と言えるのだろうか。言える気がする。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。
歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、
知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、
ああそうなんだね〜なんて思いながら、
少しだけ書くことを続けます。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

神の存在証明 090/365

科学の発達や進化論の推進によって、多くの哲学者も否定的な意見を持っている。

ソクラテス 013/365

「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という神託を聞いて彼は、それを「間違っている」と証明するために、当時、賢者と称えられていた人たちと問答した。

ミルグラムの服従実験 088/365

そこに犠牲者がいたとしても、距離感さえあれば良心の呵責はありつつも、実行者となってしまう。

『神曲』 107/365

「Lasciate ogne speranza , voi ch’intrate」。

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930