見たもの、思うこと。

マイケル・フランクス

投稿日:2016年8月25日 更新日:

Micheal Franks

 

先日、知り合いが、「ラジオ番組でマイケル・フランクスの曲をかけました」とおっしゃっていて、ぬおおおお、と驚きました。

高校生の時に「Antonio’s Song」を聴いて「Practice Makes Perfect」に感動していた自分は(そりゃ同世代に音楽友達でけんわw)、音楽はどんな通り道でもたどり着ける、素晴らしいものだなぁと改めて思った次第です。

 

そんな私は、当時、WOWOWで、来日公演のライブがあって、それを食い入るように見ていました。

それをYouTubeにアップしてる人がいましたよ!!

1993年か…。

 

 

懐かし。

まさに、この番組です。
VHSに録画して、ラベルを貼り、擦切れるまで見てました。
確かに高校生でこれ好きって、結構なもんですねw

いいなぁ…。AORサウンドの極み。

ちなみに1993年といえば、TRFがデビュー。
ZARD、WANDS、T-BOLAN、DEEN、大黒摩季らビーイング系アーティストがシングル年間TOP50のうち20作以上を占めた年。
THE 虎舞竜のシングル「ロード」大ヒット。
THE BOOMの「島唄 」が大ヒット。
藤井フミヤの「TRUE LOVE」が大ヒット。

 

これらは全く聴かず、マイケル・フランクスやロキシー・ミュージックやジーザス・ジョーンズを(全然傾向違うけどw)一生懸命聴いてました。

 

「私って変わってるでしょ」ということが言いたいのではなくw、その当時、全く知らないに近い状態であっても、やっぱり今となっては「島唄 」も好きだし「TRUE LOVE」も歌えたりする。

 

上にも書いたように、音楽はどんな経路からでもたどり着けることのできる、時代を超える素晴らしいものだなぁと改めて思うのであります。

 

世代が違うのに!と、そのラジオ番組で「The Dream」をかけたという方のことを思いましたが、自分もじゅうぶん「世代じゃないじゃないか」と自覚しております。
世代世代言ってると、本質を見損なうきもしますしね。

 

日本のUAさんがカバーして有名になった「アントニオの唄」は、このアルバムに入っています。

 

「The Dream」、そして「Practice Makes Perfect」はこのアルバムに。

 

 

 

 







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

デイツー

ケイヨーデイツーのデイツーってなに?

まず「京葉DAY1」があるわけではないんですね

理詰め&BLUES +〜おさらい・日本オカルト大全〜

「基本のキ」を網羅し的確にポイントを捉えた、教科書的な一冊、まさに一家に一冊。

TSUTAYA

二十才まえにYOKOHAMAに生きてたら…

「なぜ、タダなのか」を考えないと、自分の徳は積まれない。

差別は、誰がどうやって作るのか。『イノサン』。

それはなぜか。「死穢に触れる仕事」だからです。

『地球 東京 僕の部屋』を聴いて思ったこと

田舎は捨てられるけど、都会は捨てられないから。

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ