1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 伝統・文化

日本家屋 174/365

日本の家屋と生活

伝統的な日本家屋には、古来から日本人が重じてきた美意識や生活様式が反映している。

部屋に畳を敷き詰める様式は、東山文化の時代に広まった。
寝殿造から書院造に発展したのち、武家住宅や上層の民家の様式となった。

光の取り入れ方や内と外を明確に隔てない仕切り、簡素で清潔な空間づくりなど、その特徴は現代にも受け継がれている。

 

※障子(しょうじ)はふすまや戸など、間仕切りの総称だった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 伝統・文化
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

枯山水 145/365

平安後期から流行し始めた山水画の具現化、とも言える。

鉄砲とキリスト教の伝来 212/365

九州を中心に日本人のキリスト教信者を増やした。

陶磁器 202/365

土や粉末状の鉱物を練り固め、成形・乾燥・焼成したものの総称。

阿修羅像(興福寺) 033/365

奈良・興福寺所蔵の国宝。

狂言 159/365

大蔵流・鷲流・和泉流があったが、鷲流は明治に入って廃絶した。

■TRANSLATE



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓






afbロゴ