1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 伝統・文化

七夕 048/365

七夕

7月7日の夕方を指す。

「たなばた」と読むようになったのは、中国から「乞巧奠(きこうでん)という、手芸や機織りの上達を願う行事と、日本の棚機つ女(たなばたつめ。はたを織る女)の習俗が合体したためだと言われている。

織姫と彦星(牽牛)はそれぞれ「琴座のベガ」と「鷲座のアルタイル」いあてはめれているが、本来、西洋の星座との関わりはない。

しかし2つの星は7月7日、天の川を挟んで光り輝いている。

江戸時代、神聖な布を作るための祈りが、様々な上達や願いを短冊に書くという風習につながった。

 

※青森のねぶた祭りや秋田の竿燈まつりは、七夕祭りの一種である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 伝統・文化
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

三内丸山遺跡(縄文時代) 016/365

縄文時代中期の遺跡。

神道(八百万の神) 007/365

日本独自の宗教。

卑弥呼 037/365

三国時代の魏に使節を派遣し、「親魏倭王」の称号、金印、銅鏡100枚を贈られている。

『竹取物語』 052/365

平安文学の入門編にして、のちの日本における物語文学の下地になった。

紀貫之 045/365

中世を代表する歌人。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031