1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

『今昔物語集』/『宇治拾遺物語』 094/365

投稿日:2021年4月4日 更新日:

今昔物語集 天竺篇 全現代語訳

『古今著聞集』とともに、「日本三大説話集」に数えられる。

『今昔物語集』は作者不明だが、貴族や庶民の生活が描かれており、時代状況を知る上での貴重な資料となっている。
原本は残っていないが、最古の写本(京都大学付属図書館所蔵)が国宝に指定されている。
「今ハ昔」で始まり「トナム語リツタヘタルトヤ」で統一された文体は、のちの説話に影響を与えた。

『宇治拾遺物語』の宇治とは、宇治大納言・源隆国を指す。
まず「宇治大納言物語」という作品があり(現存していない)、そこから漏れた説話を「拾い、遺した」という意味である。

ともに編者は判明していない。

 

※芥川龍之介はこれらの説話集を作品の題材として、『羅生門』『鼻』などを書いた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

神道(八百万の神) 007/365

日本独自の宗教。

貝原益軒 158/365

彼は『養生訓』の中で、「三楽」を提唱した。

蕎麦・うどん 286/365

うどんの伝播や名称にも諸説あり、確定的なものはない。

漆器 195/365

木材・竹・紙・布・皮・合成樹脂などに漆を施した工芸品を指す。

芸妓(舞妓)、幇間 328/365

芸妓は関東では芸者と呼ばれる。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ