1日1ページ、世界の教養365 宗教

カルマ 315/365

カルマ

ヒンドゥー教の中核をなす考え方。

カルマには「プラーラブダ・カルマ」「サンチタ・カルマ」「アーガミ・カルマ」がある。
これらは、人間が自分の努力や反省によって変えていけるかどうか、の指針になっている。

「プラーラブダ・カルマ」は人間にはコントロールできず、自分の親、生まれるカースト、出生地など、固定されて自分ではどうしようもないものを含む。

人間の悪行が悪因となり、来世でさらなる悪を生むので、この世界には神もいるが、悪もあると説明される。

紀元前3000年まで遡ることのできるヒンドゥー教は、インドで強く信じられている。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 宗教
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アンリ・マティス 297/365

マティスは、フォーヴィズムの生みの親の一人に数えられる。

ヨハネス・ブラームス 236/365

彼の死は「ロマン派の時代の終わり」を告げるものだとさえ言われた。

太陽の黒点とフレア 081/365

17世紀半ばから18世紀初頭には、西ヨーロッパでは「小氷河期」と呼ばれるほどの気温低下があった。

『カンタベリー物語』100/365

なんらかの理由でそれが、24にとどまることになった。

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930