1日1ページ、世界の教養365

形而上学 048/365

なぜ世界は存在しないのか (講談社選書メチエ)

アリストテレスは形而上学のことを「第一哲学」と呼んでいたそうだ。

現在、哲学者の多くは、ものごとは「実体」と「属性」に分けられる、というところで合意している。

形而上学においての問いは、多くがこの2つから生じているからだ。

「属性は、個別的なものなのか、それとも一般的なものなのか」

カンタンに言ってしまえば形而上学とは、「そこにあるものがあるのはわかるが、真に存在するとはいったいどういうものなのか」という、ぜんぜんカンタンではない言い方になる。

しかしそれを考えていけば、概念として多くのものに通用して考えることができ、個別に毎度、対処しなくてもよくなるという意味で、とても有用な考え方なのだと思う。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中世哲学 083/365

アベラールはエロイーズのおじに激怒され、局部を切断されている。

アルバート・アインシュタイン 123/365

彼は2代目の、イスラエル大統領に推されたこともある。

侵害受容:痛みを知覚すること 046/365

脳内にある痛みに関する部位は、身体的な痛みと、感情的な痛みを区別していない。

『最後の晩餐』 080/365

ダヴィンチは、ユダの心理状態を描いた。

論理学 062/365

ゆえにソクラテスはいずれ死ぬ。

※2019.05.15更新↓
書いてる人


Hulu


2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031