1日1ページ、世界の教養365

形而上学 048/365

なぜ世界は存在しないのか (講談社選書メチエ)

アリストテレスは形而上学のことを「第一哲学」と呼んでいたそうだ。

現在、哲学者の多くは、ものごとは「実体」と「属性」に分けられる、というところで合意している。

形而上学においての問いは、多くがこの2つから生じているからだ。

「属性は、個別的なものなのか、それとも一般的なものなのか」

カンタンに言ってしまえば形而上学とは、「そこにあるものがあるのはわかるが、真に存在するとはいったいどういうものなのか」という、ぜんぜんカンタンではない言い方になる。

しかしそれを考えていけば、概念として多くのものに通用して考えることができ、個別に毎度、対処しなくてもよくなるという意味で、とても有用な考え方なのだと思う。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

楽器と楽団 033/365

この、特定の楽器たちの組み合わせと演奏は、クラシック音楽を、少し聴いただけで「それ」とわかる特徴となっている。

クローン技術 004/365

人間はどんな選択をするか/どんな時代に生まれるかで人生が決まる。

トーラー 007/365

「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」。

アルファベット 001/365

文字を持ち複雑な思考を独り占めしていた特権階級は、命令を奴隷に伝えるために文字を簡略化した。

ノア 014/365

神が急に決めた「7日後から40日間、大雨降らせて壊滅的な洪水を引き起こすから」という無茶に、すごい速さで対応して世界を救ったノア。

書いてる人


Hulu


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031