1日1ページ、世界の教養365 音楽

リヒャルト・ワーグナー 257/365

ワーグナー:ベスト・オブ・ベスト

ワーグナーは反ユダヤ主義者だった。
彼はユダヤ人を攻撃し、仲の良かった作曲家ジャコモ・マイヤベーアでさえ差別した。

ワーグナーはフランツ・リストとともに「未来の音楽」を構築しようとした。それは、ドイツ音楽の優位性を主張し、和声・構造・楽曲において、革命的な手法を提唱する理論的なものだった。

しかし性格の悪さ、反感を生む思想などを理由に、彼を嫌うものも多かった。

彼は親友の妻を誘惑し結婚したが、当の元夫、ビューローは親交をやめなかった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

旋律 012/365

少しでも似ていると「パクった」と言われかねない。

十二音技法 327/365

無調性音楽の巨魁、アルノルト・シェーンベルクは十二音技法を確立・発表したが、生涯で最大の批判を浴びた。

調性と無調性 306/365

ポップスやニューミュージックのほとんどすべては、調性音楽の部類に入る。

『高慢と偏見』 128/365

彼女が描いた人物たちの描写は、それまでの小説と違って生き生きと人間の生を感じさせた。

カトリック教会 168/365

洗礼・堅信・聖体・許し・病者の塗油・叙階・婚姻。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031