鉄血のオルフェンズ

鉄血のオルフェンズ第41話「人として当たり前の」

Fighter(期間生産限定アニメ盤)

何度も書いて自分でも確認しないといけないんですが、これは「戦争」の話なんですね。

戦争ですから、「衝撃の展開」だからと言って劇的な講和条約が結ばれて和平が実現、実に驚き!以降100年間穏便に過ぎました…!では、お話にならない。

急展開は、「誰かが死ぬ」ことで起こります。

それが、前回には名瀬だったわけですが、今回はなんと、ラフタ・フランクランドが殺されます。

タービンズが崩壊し、名瀬が死に、ラフタが死に、もう少し主要メンバーが死んだりするかもしれません。陥れられ、犠牲になり、命を落とす。

この間、三日月は出撃せず、ガンダムもぜんぜん戦場に姿を現してませんよね。

これは、「爆発する」予兆ではないかと思います。
溜めてるんです、鬱憤を。
そしてついに、「全て、根こそぎ、叩き潰せ(オルガ)」なんですよ。

 

ガンダム・バルバトスルプスレクス(ASW-G-08)
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプスレクス 1/144スケール 色分け済みプラモデル

こいつが、あの「イオク」ごと、アリアンロッド(月外縁軌道統合艦隊)を壊滅させるほどの虐殺を見せるかもしれません。それくらい、溜めてる。

そして今回の、名瀬殺しとラフタ殺しを画策したテイワズの幹部、ジャスレイ・ドノミコルスにも、完全に死亡フラグが立ってますねw

これから戦線がさらに拡大・混迷し、ギャラルホルンの権力闘争が熾烈になってくるとなると、テイワズなどの地球周辺の組織が再編成されざるを得ないほどの、「いったん壊滅」と呼んでいいほどの大激戦が起こることは必定です。

マクギリスがギャラルホルンを手にした時、もうそれはギャラルホルンではない、という予感もします。

もはや「人として当たり前の」営みが、じょじょに出来なくなってくる。
多大なる犠牲を払った後、新しい秩序ができるまで、戦争は続くはず。
いずれ戦場は、地球上にも移動するでしょう。

そして平和が来ても、世代が変わったら、また戦争です。
これを、人間は古代から、ずーっと繰り返している。
宇宙世紀になっても「あの腐れ外道が!」というセリフは流通してるくらいですから(ユージン・セブンスターク)…。

 

 

 

 







-鉄血のオルフェンズ
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バルバトス

鉄血のオルフェンズ 第32話『友よ』

オルフェン(Orphan)というのは、「孤児」を意味します。

ハシュマル

鉄血のオルフェンズ 第36話

300年前の機械が、遺棄され埋まってたのに現役と変わりなく稼働するなんて。

三日月の銃

鉄血のオルフェンズ第48回「約束」

いや、それにしても毎回、全員に対して思うんですが、お前らモビルスーツに乗るときちゃんとヘルメット被れよ…。

なぜ

鉄血のオルフェンズ第39話「助言」

彼はたぶん死にます。

鉄血のオルフェンズ第50回「彼等の居場所」

まだ、それぞれがそれぞれに、静かな恨みを持って生きているから。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031