1日1ページ、世界の教養365 宗教

シャリーア 224/365

増補新版 イスラームの構造 タウヒード・シャリーア・ウンマ

スンナ派は、10世紀以降、シャリーアの再解釈には消極的な立場を取っている。

対してシーア派は、定期的に見直しを実施する。それは自分たちの義務であり、時代に合わせてイスラム法を修正していくべきではないか、と考えている。

イスラム教徒にとって、シャリーアは信仰と実践の、根本的な法である。

法解釈はするが、いかにシーア派であっても、新しいイスラム法は作られない。
それはシャリーアが、アッラーの定めたものだからだ。

シャリーアは「イバーダート」と「ムアーマラート」に分かれる。

義務・推奨・許容・忌避・禁止の類型があるシャリーアは、イスラム教徒の人生(それは社会的・政治的・経済的なものを含む)をすべて包摂する。

 

イスラム教の広がり 050/365

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 宗教
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

天使ガブリエル 287/365

聖母マリアの前に現れて、イエスを身篭っていると告げるのもガブリエルだ。

静電気 102/365

ベンジャミン・フランクリンはそこから、「避雷針」を考え出した。

『グレート・ギャッツビー』 079/365

彼はこのタイトルにするのに何ヶ月も悩んでいたという。

ダビデ王 063/365

すでにここから、あの「ダビデ王」になる片鱗は現れ始めた。

ロマン派の時代 187/365

旋律が最重要視され、そのためには形式すらも犠牲にされた。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031