1日1ページ、世界の教養365

認知的不協和 165/365

脳には妙なクセがある (新潮文庫)

信念や概念、思想を持っている我々は、それを「認知」と呼んでいる。

そこへ、異なった信念や概念、思想が現れると、我々はそれらを、矛盾なく成立させようと、自動的に考える。

その際、行動を変えてしまうのは困難だと感じ、矛盾を起こさないために、最初の信念や概念、思想を、変えてしまうことが起こる。

大学のサークルの新入生のいたずらにも、認知的不協和の原理が働いている。
いたずらがひどければひどいほど、新入生はサークルに参加できてうれしいという可能性が高いという。

これは、「努力の正当化パラダイム」と呼ばれている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ガブリエル・ガルシア=マルケス 058/365

当たり前のように感じるからリアリズム、ということで、登場人物たちは、現実には起こりえない魔的な現象に、何も言わない。

サラ 035/365

その歳になると、急激な感情の起伏は心臓に悪いということか…。

サルマン・ラシュディ 121/365

現在は無神論者だと言われている。

ミルグラムの服従実験 088/365

そこに犠牲者がいたとしても、距離感さえあれば良心の呵責はありつつも、実行者となってしまう。

放射性炭素年代測定法 116/365

炭素14は宇宙線が窒素にぶつかることで、自然に出来る。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930