1日1ページ、世界の教養365

認知的不協和 165/365

脳には妙なクセがある (新潮文庫)

信念や概念、思想を持っている我々は、それを「認知」と呼んでいる。

そこへ、異なった信念や概念、思想が現れると、我々はそれらを、矛盾なく成立させようと、自動的に考える。

その際、行動を変えてしまうのは困難だと感じ、矛盾を起こさないために、最初の信念や概念、思想を、変えてしまうことが起こる。

大学のサークルの新入生のいたずらにも、認知的不協和の原理が働いている。
いたずらがひどければひどいほど、新入生はサークルに参加できてうれしいという可能性が高いという。

これは、「努力の正当化パラダイム」と呼ばれている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マルティン・ルター 113/365

敬虔な信者こそ、その犠牲者になってしまっていたのだ。

ラファエロ 122/365

サン・ピエトロ大聖堂の改築時には監督になった。

ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー 178/365

彼は、近代の芸術運動の先駆けになったと評されている。

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

エピクロス派 076/365

彼らエピクロス派は、「よく生きるとはどう生きることか?」を探求した。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031