1日1ページ、世界の教養365 哲学

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

知の教科書 ライプニッツ (講談社選書メチエ)

ライプニッツは、この世界が、大きさを持たない非物質的な「モナド(単子)」というものでできていると考えた。

人間の精神はモナドだが、物質はモナドを持たない。
我々のモナドがそれを知覚するだけだ。
つまり、物質はモナド共通の夢、だということになる。

ライプニッツは、神が、他でもない今のような姿に世界を作ったのだから、そこには理由があるはずだとも言った。それを「充足理由律」と名付けた。

彼は14歳から大学で学び始めるほどの天才だったが学究の道には進まず、哲学・神学・数学・化学・物理学・論理学・医学・植物学・光学・歴史学・言語学・法学・文献学・外交など、あらゆるジャンルに興味を持ち、重要な貢献をした。

ニュートンと同時期に微分法を考えついた。

現在使われている記号はライプニッツ考案のものである。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

山上の説教 112/365

キリストによる「山上の説教」がたった1回だったのか、または複数回に渡って行われたのか、はわかっていない。

バールーフ・スピノザ 125/365

これは当然、17世紀のヨーロッパで受け入れられることは難しかった。

『荒地』 219/365

西洋で戦後に生まれた恐怖・人間疎外・幻滅のすべてが凝縮されている、と評される。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 073/365

ラファエロは、「アテネの学堂」で、彼をモデルにプラトンを描いた。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

今年(2019年)はどんな年でしたか。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031