1日1ページ、世界の教養365 哲学

モダリティ 279/365

たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する

スピノザは、この世のすべては必然であり、偶発性は存在しないと言う。

この世界で、どの特徴が偶発的で、どの特徴が必然的であるか、それをいったいどうやって見分ければ用のか、を特定する問題。それがモダリティの問題だ。

自分をとっても、兄であった可能性、姉であった可能性、妹であった可能性、または一人っ子であった可能性、様々な可能性があったはずである。
ここに「偶発性」が存在する。

反対に、2+2=4という数式は、どう計算してもそれ以外の解にはなり得ない。
ここには「必然性」がある。

もし神が存在するとしたら、それは必然的に存在するのか?

その問いには、統一した答えはいまだに存在していない。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

定言命法244/365

無条件の道徳法則が適用される場合、それは命令形で示される。

ブラックホール 032/365

その部屋は地球・月を含めたこのあたりすべてを飲み込んで、静かな暗黒になるだろう。

ラスコー洞窟の壁画 003/365

自分の目の前にあること、起こったことを、思い出して同じ形に似せて描くこと。

ソクラテス 013/365

「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という神託を聞いて彼は、それを「間違っている」と証明するために、当時、賢者と称えられていた人たちと問答した。

ジョージ・ワシントン 162/365

ワシントンが決めたことは現在でも受け継がれている。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031