1日1ページ、世界の教養365 音楽

十二音技法 327/365

作曲の基礎技法

無調性音楽の巨魁、アルノルト・シェーンベルクは十二音技法を確立・発表したが、生涯で最大の批判を浴びた。

感情的、叙情的とされた音楽に数学的を混ぜ合わせたことで、無味乾燥なものにしたと非難されたのだ。
今は、この十二音技法を指針とする現代作曲家は皆無といってよい。

無味乾燥で不快だと酷評されたにもかかわらず、1945年ごろからは様式として採用されることも多かった。
1970年代に入ると、電子音楽やミニマリズム、新調性主義などの新たな音楽様式にとってかわられることになる。

シェーンベルクの『月に憑かれたピエロ』 320/365

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『オジマンディアス』 065/365

我が名はオジマンディアス、王の中の王。汝ら強き諸侯よ、我が偉業を見よ。そして絶望せよ!

幹細胞 179/365

成体細胞は体の多くの場所にあるが、胚性細胞ほど万能ではない。

アンリ・マティス 297/365

マティスは、フォーヴィズムの生みの親の一人に数えられる。

フランス革命 176/365

しかし、王政の時代よりも、多くの血が流れた。

ユリウス・カエサル 029/365

だけど、暗殺された。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031