1日1ページ、世界の教養365

カール大帝 057/365

【ケース販売】明治 カール チーズあじ 64g×10袋

ヴォルテールをして「神聖でも/ローマでも/帝国でも/ない」と言わしめた、神聖ローマ帝国の初代皇帝。

ローマ帝国が分裂し、さらに西ローマは崩壊し、キリスト教が人心を掌握する中、ヨーロッパは暗黒時代に突入する。

ローマ帝国に攻められ、服従し、一角を担うことになっていたゲルマンの民・フランク族の王だったカールは、ローマ教皇から皇帝の冠を戴くことになった。

ヨーロッパぶんどり時代になってしまった地域で、今のドイツとフランスの基礎を築いたカール大帝は、アレクサンドロス大王などとともに、「九偉人」に数えられている。

トランプのキングのモデルだと言われている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハーレム・ルネサンス 016/365

アメリカを構成する一つの重要な要素としての、アフリカン・アメリカンの矜持が示された。

イスラム教の広がり 050/365

爆発的に拡大したイスラム教地域は、科学・文化の面でもヨーロッパを凌駕した。

プラトンの洞窟と比喩 034/365

万物の真の基礎である抽象的で永遠不変な真理を認識した人が、つまりは世界を統治するべきだ、とプラトンは考えていた。

ヘンデルの『メサイア』 103/365

彼はこの「メサイア」をわずか24日ほどで書き上げたという。

ソロモン王 070/365

ソロモン王には、700人の王妃と、300人の側室がいたという。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031