買うてもた

いやほんとこういうイヤフォン待ってた。「ambie」。

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ) (My Heart White)

こういうの、とにかく待ってた。

私はブサイクな話、右と左で耳の穴の大きさが違う(正確には穴の周りの形が左右で違う)ので、普通のイヤフォンだとどうも、右側が不便なのです。

厳密に言うと右側だけ穴が大きくて、イヤフォンがとどまってくれない。ぽろっと落ちるんです。

なのでiPhoneに付属するイヤフォンとかだと、そのままでは使いにくい。右だけ、くるっと回して耳全体に引っ掛けて、逆方向(上方)から耳に入れる、ということをしないといけませんでした。

それでも良いんですけど、そう言えば前は、これを使ってました。

BOSEのイヤフォンは、SMLのイヤーピースがゴム製で付属していて、上の牙の部分が耳のヒダに引っかかるようになっています。私の場合、右だけMを使って、左はSにする、という工夫で使い分けていました。

(私はしないけど)ジョギングとか、スポーツするにも落ちないし、便利ですよね。

使い方の参考動画↓

最近はBluetoothのイヤフォンもたくさん出て来て、BOSEにもあるんですけど、なんだかまだ「大きいなぁ」という感じが、しません?

BOSEのやつ。

それなりの音質を保つためには仕方のない大きさ、なのかもしれませんけれど、私にはまだ「大きい」と感じる。

そしてBluetoothイヤフォンは、まだ、そんなに信用できない。

何が信用できないかというと「絶対に接続は切れないのか?」という点です。これはもうイヤフォンというか自分の問題なんですがw、なんらかの原因(多くはイヤフォン側の充電切れか)で接続が断たれ、カフェや何処かで急に本体から大音量が流れる…みたいな事態。

私は想像するたびにゾッとするわけです。

なのでまだ、ラインで繋がったタイプを使いたい。
もちろん、安心な場所(自室とか)で使うなら、ワイヤレスほど便利なものはありません。

使ってますし。

Bluetoothのヘッドフォンが安くて便利が当たり前の世の中になってた

で、そういうものではなく、軽く、あっさりしていて使いやすく、さらに、左右の耳の大きさに左右されないイヤフォンはないものかと、いつもぼんやり思ってたんです。

 

「ambie」が、そうでした。

カラーバリエーションもある。

オレンジ。

ブラック。

ブラウン。

グリーン。

ポップ・スカイ。

 

これの何がすごいか。

Ambie公式サイト
https://ambie.co.jp/soundearcuffs/index.html

耳の穴に、入れないんです。

それだけでもなかなかに驚愕なんですけど、そういえば先日アメトーークで、「耳に密着しないヘッドフォン」が紹介されてましたよね。
これです。

素晴らしいですよね。だけど巨頭族の自分としては、「イヤーパッドで耳が痛くならないのは素晴らしいんだけど、特殊樹脂を3Dデザインした新開発「エアーフレーム」で耳の後ろとかが痛くなったらどうしよう、などの心配もよぎらないでは無いですw

どちらにしても、密着空間を作って厳密にサウンド作り、をするなら密閉構造のヘッドフォンにするべきです。だけど、まぁさらっと聴き流してよい環境だったり人と話せるくらいの状況も確保しておきたい(電車のホームとか歩きながらとか)、というニーズにこれ、ビタア、とフィットするではないですか。

実はこのambie、すでにワイヤレスバージョンも用意されています。

最近、ワイヤレスヘッドフォン界隈は「首かけ」のデザイン多いですよね。
私は先述のように、ワイヤレスは要らないのと、どうもジャー・ジャー・ビンクスっぽいこの感じが嫌なので、やっぱりワイヤー有りモデルにしたのでした。

Amazonで買いました。

ちょうどプライムデーの日だったので、やはり到着は「翌日」というわけには行きませんでした。配達の人が「もう、ぜんぜん追いつかなくて…」と、驚異的な汗だくで言ってました。ご苦労様です。

綺麗な外箱。アンボックスの儀。

箱の裏側。何か食べてる。パンも入ってるのかしら。

こうやって装着するんですね。
確かに耳の穴には、入ってないですね…。

中の箱を引き出す。

こういう感じで収まってます。
どうやって開けるんだこれ。

ひっぺがすんでした。箱の内部に、コードが縛られて入ってます。

ここが取れる部分なのか…。


この部分…を…紛失…するの…か…と少し不安にw

説明書を少しだけ見る。

左右識別バー。

ほんとだ、よく見るとRとLが刻印されてる。
これって大事ですからね。

↑すでに、先っぽのイヤーピースが少し外れかかっとる。これを、ちゃんと差し込んでおかないと。

iPhone付属のイヤフォンとambie。

つけ心地はどうだろう

装着した感じは、もう、イヤフォンのそれではありません。
はっきり言って不安ですw

これでいいの?っていう。
早く慣れないと。

ほんと、イヤリングとか、イヤーカフをしてる感覚。

あそうかそうなると、派手に上の方まで何個もピアスしてる人とか、イヤーカフしてる人には不適合、ということになりますね…。

 

音はどうか?

音質を追い求める人にしてみたら、「これはダメだよ」の烙印を押すでしょう。そういう人に評価をしてもらう必要はまったく無い、と思います。

これつけたまま1日、過ごせますからね。
そうか、ワイヤレスならさらに。

多くの密閉型のイヤフォンは、耳の穴の壁にゴム部分が密着して、隙間を無くすことで音響効果を上げてるんですよね。もちろん、だからこそ外部の音は遮断され、聞こえにくくなる。当たり前です。

そういうタイプと、「聴き比べる」ことがもう、間違ってるんだと思います。

いくつか、この商品を紹介しているYoutuberの動画を見ました。
皆一様にわかったような顔で「音質は良くない」「低音が弱い」なんて言ってましたがじゃかましいわ。

それにしても、普通のイヤフォンでさえ音漏れ気になるじゃないですか。電車などでいっさいの音漏れを気にせず好きな音楽を爆音で聴いている、おそらく何処かですでに脳みそが漏れているのだと思われる人がたまにいますが、ああいう「脳漏れ」いや音漏れより、やっぱり密閉されてないぶんこの「ambie」、外には聴こえてるんじゃないだろうか…。

どうやら、ほとんど大丈夫。
というかもしこれ装着して、爆音で音楽聴こうとするならその感性…大丈夫か。それよりも、音楽聴きながら普通に人と話せる方がすごい。

いい感じです。ほんと、こういうの待ってた。
これで、なんとマイクもついてて、再生/ストップ出来るボタンもついてるのです。

みんな、これ買いましょう。

 

箱に同梱されていた取り扱い説明書は、公式サイトで誰でもPDFで見れます。

ambie取説
https://ambie.co.jp/soundearcuffs/wp-content/themes/ambie_new/assets/pdf/ambie_manual_Wired.pdf

ソニーの技術を使ったこのambie、安いし、使いやすい。ひょっとして車の運転とかしながら、でも道交法には違反しない、かも。

あとは、可搬性、なんですよね…専用ケースとかは、まだないのか…。

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-買うてもた
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ブックカバーもAmazonで

「どれを読んでいるか区別がつかなくなるから」です。

ほぼ日手帳買いました2018

合理的なのは月曜始まり、だと思います。

充電池は要る

エネロング、が一番コスパ高いんじゃないかと思えます。

防水スプレーの成分の謎

もうちょっと、調べてみることにしますね。

ハリスツイード

ほぼ日手帳を買うタイミング

鷹揚に構えてはいるが。

書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031