1日1ページ、世界の教養365

プラトンの洞窟と比喩 034/365

青の洞窟 香味野菜とハーブ引き立つボロネーゼ 140g

万物の真の基礎である抽象的で永遠不変な真理を認識した人が、つまりは世界を統治するべきだ、とプラトンは考えていた。

洞窟で縛られ、一方向しか見ることができず、後ろから来る炎のあかりによって映し出される影を、多くの人は見ているに過ぎない。

知性によって洞窟を出ることができる人は、そんな縛られた凡人たちに、バカにされるであろう。しかし哲人王たる「守護者」は、彼らをも哀れみ、導く必要がある。

『国家』でそれらを表現したプラトンは、正義を実現するためには「善のイデア」を理解しなければならない、と考え、説こうとした。

プラトン 020/365

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

生殖 172/365

そうでないと、すべてが滅んでしまう。

ヴァージニア・ウルフ 170/365

彼女は第一次世界大戦の残虐性に衝撃を受け、19世紀から続く写実的な文学の原理では、戦後の世界を描くことはできないと断じた。

『最後の晩餐』 080/365

ダヴィンチは、ユダの心理状態を描いた。

質料と形相 055/365

この質料形相論は、キリスト教が発展していく中で、西洋に絶大な影響を与えた。

旋律 012/365

少しでも似ていると「パクった」と言われかねない。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031