買うてもた

Bluetoothのヘッドフォンが、安くて便利が当たり前の世の中になってた

投稿日:2016年8月18日 更新日:

 

ずーっと、パソコンで音楽を聴くような時(CDプレイヤーとかのオーディオはもはや家にない)、ヘッドフォンで、オーディオインターフェイスを通じて聴いてきました。

オーディオインターフェイスは、入力もできます。
パソコンに、ギターの音源を入れたり、アナログな信号をデジタル化してパソコンにねじ込むのがオーディオインターフェイス。

こういうやつ。

よく考えたら最近は「入力」をしないな、と思いまして。
そうなると、「ヘッドフォンのコード」が異常に邪魔に思えてきました。

Bluetoothのペアリングで、ワイヤレスで使えるガジェットの増えたこと。
便利になったものです。

インターネットさえ、iPhoneとのテザリングで使えるんですから。
これも、Bluetoothでできる技。

もう、Bluetoothのヘッドフォンにしてしまおう。

そう決断しました。大げさか。

で、「安いのにしよう」と。

 

安いのでいいのだ、と。

もちろん、高級なものは高級感もあるし(当たり前だけど)、音質も素晴らしい。
今使ってるのはそこそこの値段だった(ので売ります)。

Bluetoothの便利さと引き換えに、音質の高さとかは、今回横に置こうと思ってます。

落語聞くのに、5.1チャンネルとかとりあえず、要らないですしね。
Bluetoothで繋がってると、ちょっと立ってコーヒー淹れに行く間も、ヘッドフォンを外さなくていい!!

 

これにしました。

安ッッッ!!!

検索してみるまで、まさかここまで安いモノが出回ってるとは思ってませんでした。

もはや文房具のような値段で、Bluetoothのヘッドフォンは買えるんですね。

「そんな安モン…ダメでしょ」みたいにドヤ顏してくる人もおられるでしょうけど、あんまり気になりません。

夕方に注文したら、次の日の朝到着。
眠い目をこすりながらサインし、受け取りました。

早すぎるぞAmazonプライム。

IMG_1606
最近の配達は、クロネコ・佐川急便に限らない、「デリバリープロバイダ」と呼ばれる配達業者さんが多くなってますね。

「デリバリープロバイダ」で検索したら笑う。

【激怒】不満爆発! Amazonの配送業者「デリバリープロバイダ」をできるだけ避ける方法
http://buzz-plus.com/article/2016/08/09/amazon-delivery-provider/

 

Amazonの箱ってこんな親切な★ついてましたっけ?

格段に開けやすくなってる。

IMG_1607

 

開けると、ビニールびちーっの定番梱包。

IMG_1608

製造は中国。

当たり外れがあるというけれど、滅多に黄砂が詰まってたりはしまい!オープン!!

IMG_1609

よくわからないけれど、こういう図解、好きです。

IMG_1610

可搬性の高い、折りたたみ可能なヘッドフォン、ですね。

IMG_1611

 

まぁ、そんなにコンパクトにはなってないけどね…。

IMG_1612

 

 

広げるとこう。

IMG_1613

 

ちゃんと、アジャスタブルです。調節可能。
巨頭族にはありがたい。

IMG_1614

 

高級感、は望むべくもないですが、あまり重いのも考えものですし、でも「なんじゃこりゃオモチャだな!」と吐き捨てるほどでもないクオリティだと思います。

謎の箱が同梱。

IMG_1615

 

充電ケーブル(USB)と、オーディオコードですね。
直接音響機器につないで、「有線ヘッドフォン」としても使えるってことですね。

IMG_1616

 

説明書は6ヶ国語。

IMG_1617

なんか、オーディオ機器に関しては、LoTを含めて、革新的な技術が生まれていることについていけてない感、ありませんか?

もちろん、アンティークも、ヴィンテージも素晴らしいし、そっち方面へのこだわりって言うのは大切だと思います。

 

「○○年製のコレだよ!」的な。

しかし、新しい技術が広まっていることは、価格の下がり方でわかります。
中国製だとて、侮(あなど)るモノばかりではないということも。

音楽を聴くという行為も、今やMP3やダウンロードなしには語れないことになっていますし、これが逆もどりすることはありません。

「やはりアナログレコード最強」と言い続けることはもちろん可能ですが、それなりに、「今、できる技術はどこらへんまで行ってる?」も、少しくらいは知っていきたい、と思いますね。

今回、客観的な状況としては「安っすいヘッドフォン買っただけ」なんですが、「聴く」行為が少しばかり変化したことは間違いないです。

 

まだの皆さんも、安いからこそ、セカンドヘッドフォンとして、どうですか?

 

スポーツやトレーニング用に、こういうパターンもありますしね。

 







-買うてもた
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ