見たもの、思うこと。

イケメン戦国。実際は?

 

いろんなゲームあるなぁ。

というか、いろんな風に弄(いじく)られるんだなぁ…w

戦国大名って、いわば「名家」ですから、明治になって四民平等、士族を経て平民になったとしても、まぁ「ええとこの家」として、残ってたりしますよね。

ちゃんと子孫がいる。

織田信長はもう、有名すぎて、題材にされすぎて、弄(いじく)られすぎて、本当に末裔だと織田信成さんが現れても、「ああ、そうなんですね、へえ」と、キャラクター設定の一つみたいに逆に感じてしまうというw

 

例えば刀剣乱舞もそうでしたけど。

刀剣乱舞はゆかいぜよ

創作物としての戦国武将モノって、どうも「戦国で天下を競った武将たちは、だいたい同世代だと思ってる」扱いしてますよねw

徳川家康と武田信玄が同い年、みたいな。
豊臣秀吉と伊達政宗が同い年、みたいな。

これって、社会の時間に、「流れ」で歴史を教えてない証拠だと思うんです。
習う方からすると、授業で出てくる歴史なんて1573年だろうが1600年だろうが「知るかよそんな昔のこと」ですからw、「なんでそうなったか」が全くわからない。わからないというか教わってないから。先生、教えてないというより教え方知らないんじゃないですかね。世界史もそうですけど。どこかに書いてありましたけど、「板書して、それを写せ」っていう授業をしている教師はクソだと。全くその通りだと思います。あいつらに、教師をやる資格はない。

それでも、こういうゲームとかアニメとかで「ほうほう、それで?この人は?本当は?」とどんどん追いかけて詳しくなっていく、っていう現象が起こるのは、悪いことではないですよね。

イケメン戦国、ちょっとやってみようかな…w
イケメン戦国◆時をかける恋

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

KYOSUKE HIMURO THE COMPLETE FILM OF LAST GIGS

開演前に「前半、抑えめに…大丈夫だよ…」と呟いているシーンが、すごく印象的でした。

カフェ2

良いカフェでの良い会は良い(誰がなんと言おうと)。

後は空調。後は音楽。後はいやな客

ですます、なのである。

どっちでもいいんじゃないか。

悪魔を憐れむ歌

なぜ、憐れむ必要が?『悪魔を憐れむ歌』。

ジョン・グッドマンが素晴らしい。
まるでディズニーのキャラクターのようだw

畠山義就

人の世むなし?何が起こった『応仁の乱』。

とにかくこの乱で、「何この人、もっとマンガとか、物語の主人公クラスなのにあまりに無名じゃないか??」と思う人が一人、います。

書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031