手続申請悲喜交交

死ぬほどTシャツ売ってやったどの巻

2017年の夏、大丈夫?っていうくらい、夏服を処分してやりました。

いや、オシャレさんでは私はないので、「○○のTシャツです」みたいな立派なブランド物はほとんど持ってません。

それでも、「ああ、2017年の夏、久しぶりにTシャツ買うのかな」って不安になる程、処分してやりました。

体は1個なので、Tシャツそんなに何十枚も持ってても、仕方ないんですよね。
洗濯も、したってそんなに急激に劣化していったりもしないし。

結局、同じTシャツばかり着て、「あれ?今年もこれ、着てないな」というまま夏が終わり秋が来て冬になってる、ということを繰り返してしまってました。

いや、この、「着ない服」が占めている場所・面積、家賃換算するとなかなかのものだぞ、と思い立ち、捨ててやることにしたのです。

 

これが、服を捨てるコツ。

まず、「A.これは絶対捨てる服」「B.これは誰かにあげたりする可能性がある。いい服だから」という、2つに分けるんです。

ビニール袋に、どんどん放り込んでいく。
ここで「綺麗に畳んで…」とかやってると、時間だけが過ぎてやる気を失います。

なので「分けること」だけに専念します。

割と綺麗な服とか。
ブランドモノであるとか。
思い入れがあるとか。
あの人なら似合うな、とか。

そういう基準で「ボロボロでさすがにもう絶対に着ない」という服と、区別していきます。

価値で言えば「B.これは誰かにあげたりする可能性がある。いい服だから」の方が上ですよね。いい服なんだし。

 

 

ここからです。

この、2つに分けたビニール袋に入った服を…

両方捨てるんです。

これでさっぱりwwww

んな、「誰かにあげよう」とか「まだ着れる」とか言ってるから、無駄な意味にない、着もしない服に部屋を占有されてしまうんですよ。

捨ててしまえば、いずれ記憶もなくなります。
さみしいね、なんていう気持ちも湧いては来ますが、ゴミに埋もれて暮らしてる方がさみしいのです。

こうして、近所のリサイクル収集場とかに、衣類をまとめて持っていく、なんていう選択肢が出て来ます。
古着は、布(ウェス)として、工業機器を服ために裁断して使われたりするそうですが、ちょっと待てと。

なんせ、捨てるつもりの「A」「B」、まして「B」は「いい服」である可能性もあるわけですから。

 

「捨てる」つもりで「売ってみる」ことにしたのです。

知り合いに聞いて、すでに知っていたのは「ブランディア」

「そこは」って言われてもどこのことなのかわかりませんがw、テレビCM、やってますよね。

東京の平和島あたりにセンターがあって、全国から集めて、そこで査定してるそうです。
リユース(古着として売れる物は売る)もやっているそうで。

まぁいいだろーやってみるかと、早速ネットで申し込んでみました。

こちらから。
ブランディア

 

すると、ダンボールが届くのです。

リモコンとの比較。
今回「これくらいあるぞ」ということで「大2つ」を要請。

そこに、「着払い伝票」が入っています。

そう、「送るの無料」っていうことですね。
「買取の流れ」という紙が入ってます。

ダンボールを送り返したらしばらくすると査定が終わり、納得したら代金が振り込まれる、という。

↑この「査定申込書」に、何点放り込んだかを記入しておきます。
身分証明書のコピー要ります。
アクセサリーなどがもしあれば、それを入れる用のビニール(一緒に送られて来てた)に入れておきましょう。今回はナシ。

 

いやマジで、「大2つ」ほぼパンパンですw

やっぱり中には「これ自分の服だっけ??」みたいなのが発掘されたりしてw、面白いですね。

これを、宅急便に来てもらって、持って行ってもらいます。

 

これで終わりです。

なんせ「捨てる」つもりの物ですから、10円になったとしてもプラスです。
捨てれば、どこかでウェスにはなるかもしれませんが10円にもなりません。

大きいダンボールを送ったあと、3日ほどするとメールが来ます。

「こういう査定結果でした」という内容です。

ちなみに、「やっぱりあれは売りたくない!ブランドだし!」みたいなのがあった場合、「返してください」と、その1点だけ送り返してもらうこともできるそうです。

私の場合はありませんでしたが、その場合も、「返却は送料無料」なんだそうです。
なかなかのサービスっぷりですよね。

 

で、査定結果は…2,230円でした。

 

なかなかの出来ではないでしょうか。

面倒なことは何一つしていないので、「ほぼ捨てると同じ動作」で、プラス2,230円。
いや、もっといい服持ってる人なら、名前のあるブランド品をたくさん持ってる人なら、もっとお金になるでしょう。

いや、だからと言って「要らない服ください」と知り合いの家を回ることはしませんが、正直、それやったらそこそこのお小遣いになる気がしますね。「ここまでスムース」っていうこと、知らない人多いですから。
色々、店舗として古着屋はたくさんありますが、正直、「こんなもの誰が買い取ってくれるんだ」っていう類の衣服は、持っていくのも気が引けるし、第一、ダンボール2個ぶん、小分けにして何回も行くようじゃあ、交通費で2000円超えてしまいます。

送料、「行って来い」が全て無料。

まぁ便利な世の中ざますこと!!!

だいぶ、スペース空きましたw

これで夏、2,230円のTシャツを、買うことにしますかね…。

家の服が邪魔でたまらん、という方は、私と同じ、ブランディアをどうぞ。

ブランド売るならBrandear(ブランディア)

ここだけの話、ブランドじゃなくても、送りつけてやるんですwww
処分は任せた的にwwww

捨てるくらいなら売る。

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-手続申請悲喜交交
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今後の残りの人生で、観れる映画はどれくらい?

どちらにしても、「全部観るのは無理」なんですから。

架空請求ってバカっぽくて好きダワ

一瞥してゴミ箱行きでよろしいでしょう。

U-mobileから楽天モバイルに乗り換える男・後編

というわけで、完全に無事、乗り換えることができました。

ふるさと納税

絶対めちゃ得「ふるさと納税」って?

たった2,000円で、これもらえるの!?っていう。

Amazonアソシエイトはサイト承認されてないと意味ないよ

もう、「おおりやあああああ」みたいな声を出しながら、訂正していくしかないのですよ。

書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031