1日1ページ、世界の教養365 音楽

印象主義のクロード・ドビュッシーとモーリス・ラヴェル 299/365

30分でドビュッシー聴きかじり

ドビュッシーとラヴェルは、共に絵画における印象派たちのように、間接的に意図を表現しようと試みた音楽家の代表だ。

ドビュッシーは様々な対象や概念を、そのものではなく、それを連想させる言葉を使って暗示した。
彼の作品は、「心地よい」「豊か」「陶酔的」と評された。

しかしかつての音楽院時代の師であるエルネスト・ギローからは「君のしていることは美しくないとは言わないが、理論的には無茶苦茶だ」と酷評されたことがある。

ドビュッシーはラヴェルの「弦楽四重奏」が自分の作品に似ていることから、何度も盗作だと避難した。
二人は疎遠になった。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 音楽
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヘンデルの『メサイア』 103/365

彼はこの「メサイア」をわずか24日ほどで書き上げたという。

ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー 178/365

彼は、近代の芸術運動の先駆けになったと評されている。

アーネスト・ヘミングウェイ 009/365

「老人と海」(1952年)を決め手として、ノーベル文学賞を受賞。

『星月夜』 269/365

ゴッホは1889年6月19日の夜、サン=レミの精神病院で、これを描いた。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31