1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 芸術

茶器 180/365

へうげもの

本来は茶の湯に使われる道具を茶道具といい、その中でも容器を「茶器」と呼ぶ。

茶道具の中で「名物」とは、外見・色彩・所蔵者にちなむ銘を付けられた逸品のことを指す。
千利休以前の名品を「大名物」、千利休時代のものを「名物」、小堀遠州の鑑識によるものを「中興名物」と言う。

足利幕府の重宝とされた「曜変天目茶碗(「稲葉天目」)」や、松平不昧が足した「大井戸茶碗・銘喜左衛門井戸」などは、国宝に指定されている。

 

※戦国時代には名物を鑑賞するために茶会が開かれた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

戦国大名 205/365

実力で領国を支配する大名のことを戦国大名と呼ぶ。

運慶と快慶 110/365

慶派の仏師。

『太平記』 129/365

作者・成立年、ともに不詳。

絶滅種と絶滅危惧種 148/365

ニホンオオカミは1900年ごろ絶滅した、日本固有の種である。

『徒然草』122/365

吉田兼好(兼好法師)の随筆集。

■TRANSLATE



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓






afbロゴ