1日1ページ、世界の教養365

質料と形相 055/365

鬼の形相(亀盤)

質料(しつりょう。質量とは違う)は、実体が変化しても存続する「素材」という意味でアリストテレスが考えた言葉だ。

そしてその質料が、変化の中でどのように相互作用するかを決める構成原理・活動原理のことを「形相(ぎょうそう)」という。

この質料形相論は、キリスト教が発展していく中で、西洋に絶大な影響を与えた。

神学者であるトマス・アクィナスが、自分の形而上学の基本原理として取り入れたからだ。

実体が持つ「偶有性」は、変化する。形容詞的と言ってもいい。
実体は変化しない方、と言えるが、これも存在は残るが、実は変化する。

二つの変化するもの、その質、作用についてはうまく理解するのは難しい。
しかしアリストテレスはその時代、この質料形相論で、多くの自然現象を説明した。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルネサンス美術 059/365

14世紀初頭、イタリアで起こった、「個人主義」の萌芽から、ルネサンスは始まったと言える。

中世哲学 083/365

アベラールはエロイーズのおじに激怒され、局部を切断されている。

ソロモン王 070/365

ソロモン王には、700人の王妃と、300人の側室がいたという。

太陽系 018/365

「調査隊が絶滅する恐れがある」という状態で、アリの生態を調べにいく教授はいない。

超新星 039/365

そして地球人は、偶然この星にたどり着いたそれらの元素でできた金属を、ありがたそうに採掘・加工・流通させて、人生を守る何かのように、大事に保管している。

書いてる人


Hulu


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031